[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 夏のお弁当に不可欠な「食中毒対策」 調理のポイント四か条とおすすめの食材とは

夏のお弁当に不可欠な「食中毒対策」 調理のポイント四か条とおすすめの食材とは

食中毒が気になる夏のお弁当。気温・湿度ともに高い日本の夏は、細菌にとって快適な環境です。油断をするとお弁当箱の中で細菌が一気に増殖し、ただでさえ夏バテで弱っている体は食中毒を発症しやすくなります。

高温多湿な日本の夏は細菌にとって快適な環境…「温度」と「水分」には要注意

 食中毒が気になる夏のお弁当。気温・湿度ともに高い日本の夏は、細菌にとって快適な環境です。油断をするとお弁当箱の中で細菌が一気に増殖し、ただでさえ夏バテで弱っている体は食中毒を発症しやすくなります。

 食中毒対策は、調理器具の扱いから始まります。まず、肉や魚を扱った包丁やまな板は、使い終わったらその都度、殺菌・消毒をすること。指で触れた場合もしっかり洗ってから、別の食材を触りましょう。また、おにぎりはラップにご飯を包んで握り、お弁当箱に詰めるまではラップをはがして熱を取ります。冷めたら再び、ピチッとラップで包んでください。

 さて、食中毒を予防する調理のポイントは以下の4つです。

【① 低温で保存する】
細菌が原因となる食中毒は、夏場(6月~8月)に多く発生しています。食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖し始め、人間や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。

【② おかずは75℃以上の熱で1分間加熱】
75℃以上の熱で1分間加熱すると、食中毒菌はほとんど死滅します。材料を小さく、または薄く切って焼いたり、揚げたりすると火が十分に通りやすく、安心です。

【③汁気はしっかり吸い取る】
汁気は細菌の大好物。汁気という汁気は、ペーパータオルなどで吸い取り、よく冷ましてからお弁当箱に詰めましょう。生姜焼きのようにタレにからめるおかずは、特に要注意です。

 またトマト、きゅうり、レタスなど水分が多い生野菜はおすすめしません。どうしても持たせるのであれば、メインのお弁当箱とは別のタッパーに入れ、ドレッシングなどは、専用の容器に入れて食べる前にかけるようにしましょう。さらに保冷材を付けるといいでしょう。

 トッピングの素材を工夫し、余分な水分を吸わせるという手もあります。もみのり、かつおぶし、すりごまなどは水分を吸収してくれるうえ、風味も豊かになります。

1 2

橋本玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

サッカーJ1横浜F・マリノス、ラグビートップリーグ・パナソニックワイルドナイツの栄養アドバイザー。2006年トリノ五輪ではスキーフリースタイル・上村愛子を日清オイリオグループ株式会社と共にサポート。トップアスリートから未来のアスリートを目指すジュニア世代とその保護者まで、幅広いターゲットに対し、より強く、より健康になるためのメニュー提案、栄養セミナー、栄養カウンセリングなどを行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー