[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小中学生にプロテインは必要? ジュニア選手の「正しい食事と運動のバランス」

栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について優しく指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。サッカーJリーグ・アルビレックス新潟で栄養アドバイザーを務めている公認スポーツ栄養士・長谷川直子氏がわかりやすくアドバイスする。第7回は「ジュニア選手の食事と運動のバランス」について。

小・中学生や高校生の選手にプロテインやサプリメントは必要?
小・中学生や高校生の選手にプロテインやサプリメントは必要?

連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」第7回

 栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について優しく指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。サッカーJリーグ・アルビレックス新潟で栄養アドバイザーを務めている公認スポーツ栄養士・長谷川直子氏がわかりやすくアドバイスする。第7回は「ジュニア選手の食事と運動のバランス」について。

 ◇ ◇ ◇

 小・中学生の選手や保護者向けセミナーでは「何をどれだけ食べればよいですか?」といった質問や、貧血や骨折対策に良い食事の相談をよく受けます。

 成長期の子どもは、生命活動の維持と発育・発達に必要なエネルギー、そして栄養素を摂る必要があります。スポーツをする子どもはそのうえで、運動で消費する分のエネルギーや栄養素も必要。なぜならエネルギーや栄養素が不足すると、貧血や骨折などのケガを引き起こしやすくなるからです。

 まずお伝えしたいのは、ジュニア(小・中学生)の選手は、必要な栄養素は食事で摂るのが基本、ということ。保護者の方から「どのサプリメントがオススメですか」「プロテインは必要ですか」といった質問を受けることも多いのですが、できれば高校生まではサプリメントに頼らず、どうやったら自分に必要なエネルギーや栄養素を食事で摂れるかを学び、経験してほしいと思います。

 食事は生涯に渡り関わることです。特に小・中学生や高校生の選手にとっては、「勝つため」「強くなるため」だけでなく、バランスのよい食事とは何なのかを知る、調理技術や家族や友だちとの楽しい食事を経験するなど、正しい食の知識や経験を育てることが大切です。

1 2

長谷川直子

管理栄養士、公認スポーツ栄養士。09年から新潟を拠点にJリーグのアルビレックス新潟・栄養アドバイザーとして、選手、家族向け栄養セミナーの実施、メニュー作成や調整、個別の食事相談などを担当する。そのほか、スポーツ指導者向け研修会、小中学校でのスポーツと食の講演会、新聞・雑誌の監修やラジオ出演など幅広く活躍。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集