[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「東北『夢』応援プログラム」出演、大船渡の子供17人に水泳指導

競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが30日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。17人の子供たちに水泳の楽しさを説いた。

伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」に出演、子供たちに水泳の楽しさを説いた【写真:村上正広】
伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」に出演、子供たちに水泳の楽しさを説いた【写真:村上正広】

「苦手なことも、みんなの個性」 伊藤華英さんが東北の子供たちに伝えた言葉

 競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが30日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。17人の子供たちに水泳の楽しさを説いた。

 今年もまた新たな「夢」がスタートした。伊藤さんが協力した「東北『夢』応援プログラム」は、公益財団法人「東日本大震災復興支援財団」が主催し、東日本大震災の被災地の子供たちにトップアスリートがスポーツを指導するもの。それを従来の1日の思い出作りに終わらせず、距離を超えてつながっていくことが、狙いにある。

 遠隔指導ツール「スマートコーチ」を駆使し、動画を通じて子供たちを1年間指導する。参加した子供たちから練習した動画が送られ、それに対し、コーチ役の「夢応援マイスター」を伊藤さんがアドバイスをつけて返信。やりとりを月1回、繰り返しながら水泳の技術向上を目指していく。伊藤さんは参加して4年目。今回は、1年間のスタートとなる「夢宣言イベント」だった。

 少し緊張した空気が漂うプールサイドに17人が整列。実際に伊藤さんが姿を見せると、子供たちは元オリンピック選手の姿に目を輝かせた。「今日から1年間が始まります。1か月ずつ、みんなが成長する姿を見ていきます。楽しくやっていきましょう」と伊藤さんが優しく声をかけると、イベントは水泳クリニックからスタートした。

 17人のレベルはさまざま。まだ25メートルを泳ぐのも難しい子供もいる。伊藤さんはまず、お手本として25メートルをクロールで泳いでみせた。子供たちは、その速さに目を奪われたが、伊藤さんが見せたかったのは、ストロークの大きさだ。25メートルを10回で泳ぎ切った。顔を上げると、こんなことを語りかけた。

「上手に泳ぐためには1回で長く進まないといけません。だから、大きなストロークを目指しましょう」。では、大きなストロークにするためには何が必要か。子供たちから「バタ足」「力強さ」「息継ぎ」と次々と声が上がり、加えて最後に伊藤さんが一番大切なこととして挙げたのが「けのび」だった。

「まずは、けのびをしっかりできるようになりましょう。肘が“お休み”しないように、しっかりとピーンと伸ばして。最初は壁を蹴った瞬間に肘が曲がり、顔が上がってしまいがち。それでは進まないので、顔をしっかりと腕と腕の間にしまってください。足の裏はしっかりと天井の方を向いているように」

「東北『夢』応援プログラム」に参加した子供たち【写真:村上正広】
「東北『夢』応援プログラム」に参加した子供たち【写真:村上正広】

子供たちに伝えた言葉「苦手なことも、一つ一つがみんなの個性」

 伊藤さんは子供1人1人の練習を見ながら、こんな風に声をかけていった。最初は水に対する抵抗感から頭が上がりやすく、かつ、しっかりとストリームラインを作ることが難しい。だから、距離が伸びにくい。そんな時に、伊藤さんは「水に体が運ばれているイメージで」との声かけでアドバイス。1回ごとに子供たちの体の力が抜け、スムーズにけのびができるようになった。

 そのほか、サイドキック、手のかき方、息継ぎと細かく練習し、その都度、伊藤さんは助言を送った。そして、90分のクリニックの最後にタイム測定。自分が上達したい泳ぎ方と距離を泳ぎ、これを基準にして1年間でタイム短縮を目指す。クリニックを終えると、舞台を会議室に移し、交流の場が設けられた。

 トークコーナーで、伊藤さんは生後6か月から水泳を始めたことを明かした。「でも、小さい頃は頑張るのは得意だけど、目立つのは好きじゃなかった。練習は好きなのに、試合で1番になるのは嫌だった」と意外にも恥ずかしがり屋だったという。そんなスタートから日本記録を樹立し、五輪に出場するまでのエピソードを惜しげもなく披露した。

 締めくくりにはこの日のメインイベント、夢宣言が行われた。子供たちが「将来の夢」などを決め、発表する。「1年後の約束」では「クロールのバタ足を頑張る」「青帽子から黒帽子になっているように」「クロールのタイムを速くする」と、それぞれが宣言。目標を設定し、1年間、努力していくことを誓った。温かく見守っていた伊藤さんは最後に、こう語りかけた。

「いつも月1回、動画で指導していくと会っていなくても会った気分になり、みんなを身近の存在に感じることができます。毎月、楽しみながらやっていきましょう。そして、私が返信するメッセージをしっかりと受け止めてください。私も一生懸命にみんなの泳ぎを見ていきます。

 それぞれ自分が苦手なこと、得意なことあると思うけど、水泳を通して、そんな部分に気づくことがあると思います。苦手なことがあるから悪いわけではなく、得意なことがあるからすごいわけでもない。一つ一つがみんなの個性。それを理解してお互い尊重できるようになっていってください」

 17人のうち11人が動画指導に参加し、1年間の挑戦が始まる。伊藤さんは大船渡について「来る度に街が綺麗になっていくことが嬉しくて感動している。1年間、みんなの街とまた成長できるように頑張りましょう」と言い、再会を約束した。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集