[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「なぜ日本より弱いリーグに」― UAE挑戦、塩谷司が貫いた「成長は自分次第」の信念

アスリートのキャリアは選択の連続だ。トップ選手が人生を変えた“2分の1の決断”の裏側に迫る「THE ANSWER」の連載「選択――英雄たちの1/2」。次世代の中高生が進路選択する上のヒントを探る。第4回はサッカー元日本代表DF塩谷司(アル・アイン)が登場。UAEで挑戦を続ける30歳はプロ2年目、Jリーグで移籍を巡る決断を迫られていた。

強豪アル・アインで不動のレギュラーを掴んだ塩谷司【写真:Getty Images】
強豪アル・アインで不動のレギュラーを掴んだ塩谷司【写真:Getty Images】

連載「選択――英雄たちの1/2」―人生を変えたプロ2年目の移籍を巡る決断

 アスリートのキャリアは選択の連続だ。トップ選手が人生を変えた“2分の1の決断”の裏側に迫る「THE ANSWER」の連載「選択――英雄たちの1/2」。次世代の中高生が進路選択する上のヒントを探る。第4回はサッカー元日本代表DF塩谷司(アル・アイン)が登場。UAEで挑戦を続ける30歳はプロ2年目、Jリーグで移籍を巡る決断を迫られていた。

【PR】なぜ、塩谷司はUAEで戦い続けるのか 気温40度超える中東の激闘を支えるもの

 ◇ ◇ ◇

 日本人として3人目のUAE挑戦。強豪アル・アインで不動のレギュラーを掴んだ塩谷は、昨年12月のクラブワールドカップ(W杯)で凱旋し、2得点を決めて準優勝。日本中をあっと驚かせた。中東の地で我が道を歩き続ける30歳にとって、人生を変えた1/2はいつ、どの時だったのか。「そうですね……」と逡巡した後、挙げたのはプロ2年目の決断だった。

「水戸から移籍する時、広島以外にもう2つのチームからオファーがあった。その時、一番試合に出られない可能性があったのが広島。すぐに試合に使いたいと言ってくれたのが2つのチーム。最終的に広島というクラブを選択したのが、自分のキャリアにとっては大きな決断だった」

 11年に22歳でプロデビューを飾ったJ2水戸で1年目からレギュラーを掴み、DFラインの主軸として35試合出場。天皇杯ではJ1のG大阪も破った。そんな活躍が目に留まり、翌年途中、J1広島を含む3クラブからオファーが届いた。当時の広島は就任1年目の森保一監督(現日本代表監督)の下、優勝争いの真っ只中。J2上がりの若武者がすぐに活躍できる保障はなかった。

 一方、残り2つのクラブは出場を確約する形のオファー。難しい決断を迫られた塩谷が選んだのは、前者だった。「現時点で日本のトップレベルにあるチームに行って、どこまで自分のサッカーが通用するのか、試してみたかった」。敢えて選んだ広島というイバラの道。そのメリット・デメリットも想定していた。

「メリットは日本で一番面白いサッカーをしているチームに加わり、練習から参加できること。DFなので練習でマッチアップする相手が佐藤寿人さん(現千葉)という当時日本を代表する凄いFW。練習が試合以上に価値があるんじゃないかと思っていた。デメリットは大卒1年目から出続けたのに、試合に出られなくなること。他の2チームを選んでいたら、すぐに出られたと思う。でも、果たして、その後どうなっていたか。今の自分のプレースタイルがあったか……」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集