[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

41歳の純粋な夢 現役最年長ランカーが戦う理由「世界100位切るなんてやんちゃすぎ」

テニス界に衰え知らずの鉄人がいる。松井俊英は2019年7月、41歳3か月でATP(男子プロテニス協会)の男子シングルスで世界ランク600位タイとなり、現役最年長ランカーとなった。40歳を過ぎてなお、球速200キロを超えるビッグサーバー。身長180センチに満たない体で、フィジカルの強さをベースにした攻撃的スタイルを貫けるのはなぜなのか。「THE ANSWER」のインタビューに応じ、現役を貫く理由などを語った。

ATP現役最年長ランカーの41歳・松井俊英【写真:編集部】
ATP現役最年長ランカーの41歳・松井俊英【写真:編集部】

男子テニス・松井俊英、グランドスラム初出場へ「今、凄くムキになってやっている」

 テニス界に衰え知らずの鉄人がいる。松井俊英は2019年7月、41歳3か月でATP(男子プロテニス協会)の男子シングルスで世界ランク600位タイとなり、現役最年長ランカーとなった。40歳を過ぎてなお、球速200キロを超えるビッグサーバー。身長180センチに満たない体で、フィジカルの強さをベースにした攻撃的スタイルを貫けるのはなぜなのか。「THE ANSWER」のインタビューに応じ、現役を貫く理由などを語った。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 ジュニア時代は全くの無名。16歳でカナダへ単身語学留学し、ブリガムヤング大学ハワイ校でフルスカラシップを得ると、2000年にプロ転向。世界ランクのキャリア最高位はシングルス261位、ダブルス130位だ。12月23日時点ではシングルス762位、ダブルス177位。ダブルスで世界ランク“自己ベスト”とグランドスラム出場の夢を追い、国内外を転戦している。

 現在開催中の国別対抗戦「ATPカップ(オーストラリア)」にも日本代表として出場中。4日に行われたウルグアイ戦のダブルスでは、ストレート勝ちで日本の勝利に貢献している。全2回に分けてお届けする第2回のテーマは「現役を続けたい理由」について――。

◇ ◇ ◇

――なぜ、現役を続けているのか。

「冷静に考えたら、辞める理由があまりないんですよ。だって大きなケガもしていないし。だいたい僕くらいの年齢になると、手術とか、目が見えないとか、疲れが取れないとか、やる気が出てこないとか、もうそうなるんですよ。それが全くないんですよね。金銭的なことも確かにいっぱいいっぱいなところはありますが、別に遠征に行けないわけじゃない。

 24時間のコーチは雇えないけど、生きていける。家族(妻と7歳の長男)にも『遠征に行くな』とか言われないし、理解があります。あとは、コーチをやっても一緒だと思うんですよ。オンコートでずっと選手のためにコートに立つじゃないですか。だったら自分でやって、どうせ遠征に行くなら自分のペースで行く方がいい。その代わりコーチのように決まったお金はもらえないですが、それはそれでいいかなと」

――現役が自分に合っている。

「何をやっても絶対にタフです。コーチをやっても絶対に選手との間でタフになる。じゃあサラリーマンをやるかと言っても、絶対にサラリーマンもタフ。解説だって絶対に気を使って、僕がこんなふうに好きなことを喋ったら絶対に切られますからね(笑)。(現役が)自分に合っているんじゃないですか」

――海外の大会で同じくらいの年齢の選手は。

「あまりいません。とても珍しがられますね。インドとかに行けば、向こうの新聞などに毎日のようにインタビューを受けます。やっぱりシングルスに出ているのが珍しがられるんですよ。30代後半になってくると、みんな動けないからダブルスに転向する。僕もダブルスに転向したんですけど、たまたまシングルスに出たらちょっと勝てたりして、世界ランキングがつく。そうすると、メディアの人たちが不思議がるんですよ。

『どうしてだ』『何をやっているんだ』ってなる。日本は長寿の国だし、『文化的にも不思議じゃないよ』と僕は言います。今は医療やサプリ、トレーナーの技術も進んでいますから」世界中のアスリート寿命がこれからもどんどん伸びていくでしょう」

――若い頃からやっておけばよかったことは。

「そうですね、もう少し練習を真面目にやっておけという感じですね(笑)。僕らの時代はまだSNSやYouTubeなどがなくて情報に乏しかった。戦術や技術が少し遅れている感じがありました。特にジュニアの時なんて、ナダルやフェデラーがクレーコートでいろんな技を習得している時に、僕はとにかく相手のバックハンドを狙って、一球でも多く返すのが基本でした。

 ドロップショットを打って、ロブを上げていたらコーチに怒られていましたからね。『遊んでんのか、お前! 練習中に!』って。でも、僕らと同じ年代で勝っている世界の選手達は、多種多様なショットにハングリーなメンタルを培っていたと思います」

――いつまで続けたい?

「来年一年はやりたいですね。パリ五輪は本当にわからないですけど、でもそれくらいの気持ちでやりたいです。半年ずつやっていってたどり着ければいいですね。でも、本当に今の状態がいい。スポーツ全般的に35歳が年をくっているという時代じゃないと思うんですよ。

 医療、サプリ、トレーナーなどの技術が本当に上がってきているから。やれる限り続けたいです。こんなこと言って大けがしたらどうなるかわかりませんが、半年ペースでアセスメントしたい。あと、どんな理由で誰が決めているか分かりませんが、適正年齢や世代交代みたいな既成概念に惑わされないようにしたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集