[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

練習1日10時間、寝る前に餅5個、水中で骨折… 過酷すぎるシンクロ選手のウラ事情

連日、水泳の世界選手権(ブダペスト)で熱戦が繰り広げられているシンクロナイズドスイミング。プールを華麗に彩る競技として、五輪や世界選手権では華やかな脚光を浴びるが、普段、選手たちがどんな練習に取り組み、どんな苦労を重ねているのか、見えにくい部分もある。シンクロ選手の裏側を、08年北京五輪代表で5位入賞した青木愛氏に聞いた。

【短期連載第4回】「過酷さはNO1」…元五輪代表・青木愛さんが語る“本当のシンクロ選手”

 連日、水泳の世界選手権(ブダペスト)で熱戦が繰り広げられているシンクロナイズドスイミング。プールを華麗に彩る競技として、五輪や世界選手権では華やかな脚光を浴びるが、普段、選手たちがどんな練習に取り組み、どんな苦労を重ねているのか、見えにくい部分もある。シンクロ選手の裏側を、08年北京五輪代表で5位入賞した青木愛氏に聞いた。

 シンクロといえば、演技時間はわずか数分。しかし、数分のために捧げている「1日10時間以上」とも言われる練習量は、五輪種目でもトップクラスだ。

「そのくらい練習しないと戦えないですし、どの国もそのくらい練習していると思います。8人で演技を合わせるとなると、身長も違うし、癖も違う。合わせることが大前提となる競技ですので、必然的に練習時間は長くなりますね。それぞれ競技ごとに過酷さはあると思いますが、練習時間とハードさはどの競技にも負けてないです。そもそも、息ができませんから(笑)」

 酷使するのは手、足を含め、全身。さらに常に動きを合わせるため、脳も使う。「常にぐったり。寝て起きても疲れが取れない」という。

 練習は水中にとどまらない。心肺機能を鍛えるため、陸上でもハードに追い込んでいる。

「基本的には、まずは泳ぎ込みをします。そこから、通し練習では試合で実際にやるプログラムを、重りを着けて3~5回泳いだり。陸上ではウェイトレーニングはもちろん、マスクをつけてバイクをこいだり、高地トレーニングをしたり……。とにかくハードです」

 尋常ではない練習量を支えるのは、尋常ではない食事量だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集