[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

萩野、瀬戸、池江ら“東京の星”ズラリ 伊藤華英さんに聞く「メダル狙える選手は?」

水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日から競泳が開幕する。7個のメダルを獲得したリオデジャネイロ五輪から1年経ち、20年の東京五輪へ向け、若手も名を連ねる中、今大会は何に注目すべきなのか。北京五輪女子100メートル背泳ぎで8位入賞した伊藤華英氏に見どころを聞いた。

【短期連載第1回】元五輪代表・伊藤華英さんが語る大会の意義「すべては東京のために」

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日から競泳が開幕する。7個のメダルを獲得したリオデジャネイロ五輪から1年経ち、20年の東京五輪へ向け、若手も名を連ねる中、今大会は何に注目すべきなのか。北京五輪女子100メートル背泳ぎで8位入賞した伊藤華英氏に見どころを聞いた。

 伊藤氏は「五輪に出て最高のレースをするため、いい経験になる。すべては五輪のために」と世界選手権の意義を強調する。

「競泳の場合、五輪が最高峰の舞台です。4年という期間をどうプランニングするか、すごく大事。昨年、リオ五輪でひと区切りつき、今回は25人中17人がリオ五輪の経験者。まずは、その人たちにとっては新たな目標を見つける試合になるし、自分がどう戦っていくのか試す機会にもなる。一方で初めて代表に入った選手は、世界での経験を積むために120%で臨んでくる。世界のトップ選手も来る中で東京五輪へのモチベーションになるでしょう」 

 実際に伊藤氏自身も世界水泳を飛躍の出発点となった。01年の福岡大会に初めて代表入りし、世界の舞台で貴重な経験を積んだことが、その後に生きたという。

「シドニー五輪の次の年でメンバーがガラッと変わり、メンバーに入れた。チャンス、きっかけを掴んだ。世界選手権から五輪を意識することができた。いきなり五輪じゃなくて良かったと思っています」

 今回も東京五輪へ向け、絶好の力試しの機会となる。果たして、ファンが注目すべき選手は誰か。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集