[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「努力の分だけ花が咲く」― なでしこジャパン躍進の鍵を握る22歳・清水梨紗の想い

女子サッカー日本代表、ベレーザでの経験を語った清水梨紗【写真:荒川祐史】
女子サッカー日本代表、ベレーザでの経験を語った清水梨紗【写真:荒川祐史】

アフリカは独特なリズム、南米は1対1好き、アメリカはタレント揃い

 2012年にはFIFA U-17女子W杯でベスト8入り。U-20代表でもW杯出場権を掴んだが、清水は怪我のため出場できない悔しさを味わい「ワールドカップへの思いが強くなりました」。そして今年、なでしこジャパンの鍵を握る清水は、念願のワールドカップ初出場を果たす。

 おっとりとした口調とは裏腹に、そのプレースタイルはアグレッシブ。さすがに、初めて迎える大舞台へ緊張感が高まっているかと思いきや、「楽しみにしかないですね。怖い物知らずなんで(笑)」と心強い。それというのも、アンダー世代を通じて世界を相手に戦ってきた経験があるからだ。

「本当に色々な国の人たちと試合をしてきました。アフリカ、南米、ヨーロッパ……。それぞれタイプが違うんですよ。アフリカは日本と一番違うタイプ。やっぱりリーチの長いので、それまでかわせていた部分に足が出てくることがある。身体能力が高いし、独特なリズムを持っていますね。

 南米は個々のスキルが高くて、1対1が大好きという選手が多いのかな(笑)。攻撃でも1対1を楽しんでいるかのように、色々な技を仕掛けてくる。その発想力や意外性はすごいですね。アメリカは本当にタレント揃い。どのポジションを見ても誰もが知っている選手ばかりだし、チームの結束力があるんです。南米と違った迫力だったり、ボールへの執着心だったりがありますね」

 それでは、高倉麻子監督が率いる2019年なでしこジャパンの強みはどこにあるのだろうか。

「チームワークや組織力は、多分どの国よりも強いと思います。加えて、日本は技術の高さを備えていると思うので、そういうところで対抗できればと思います。合宿を重ねる中で、みんなで試合を見たり、サッカーの話をしたりすることがすごく多いんです。コミュニケーションが取れるいいチーム。ワールドカップで勝つという目標に向かって、全員が頑張るぞ! という雰囲気が生まれています」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集