[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25mで12秒短縮も 元五輪スイマーが動画で挑戦する“新しい水泳指導”のカタチ

元競泳の北京、ロンドン五輪代表・伊藤華英さんが22日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。動画を利用し、10か月間にわたる遠隔水泳指導の中間発表が行われ、25メートルのタイム測定で12秒縮める児童もいるなど、早くも大きな成長ぶりを示した。

「東北『夢』応援プログラムに出演した伊藤華英さん【写真:編集部】
「東北『夢』応援プログラムに出演した伊藤華英さん【写真:編集部】

伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」中間発表イベントに出演

 元競泳の北京、ロンドン五輪代表・伊藤華英さんが22日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。動画を利用し、10か月間にわたる遠隔水泳指導の中間発表が行われ、25メートルのタイム測定で12秒縮める児童もいるなど、早くも大きな成長ぶりを示した。

 動画で距離を超え、成長につなぐ。異色の水泳指導が実を結んでいる。五輪に2度出場した伊藤さんが協力するのは、公財「東日本大震災復興支援財団」が行う「東北『夢』応援プログラム」。離れた被災地の子供たちと直に接することができなくても、遠隔指導ツール「スマートコーチ」を利用し、1対1の個別指導を実施。子供たちが泳ぐ指導の動画を送ってもらい、伊藤さんが動画にアドバイスをつけ、返信する。そうして子供たちが設定した目標に少しでも近づける、という画期的なコンセプトの企画だった。

 この日は指導の初回となった6月の「夢宣言イベント」以来となる直接指導を行い、実際に成長を確認する「中間発表イベント」。遠隔指導に参加した小2から高1まで11人と5か月ぶりに再会した。「毎月、ちょっとずつ良くなっています。今日また泳ぎを確認してアドバイスをもらい、今後に自信を持てるようにしましょう」との伊藤さんの挨拶で、水泳クリニックから始まった。

 伊藤さんが最も大事にするのは「けのび」の姿勢。綺麗なストリームラインを作って前方への推進力を得られるように「頭を(水中に)しっかり入れて」など1人1人の泳ぎを見ながら助言した。さらに、実際に25メートルずつで4泳法を泳ぐ個人メドレーも披露。元オリンピアンの迫力のある泳ぎに子供たちも目を奪われた様子で、水中に潜るなどしながら食い入るように観察した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集