[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、“伸びしろあり”の逆転Vに海外メディア称賛「とても美しくエレガントだ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。

逆転優勝を決めた紀平梨花【写真:Getty Images】
逆転優勝を決めた紀平梨花【写真:Getty Images】

NHK杯に続く連勝、GPファイナルに期待「バンクーバーで完璧なスケートを披露する」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。初出場Vを飾ったNHK杯に続くGPシリーズ連勝を飾り、GPファイナル(バンクーバー・12月6日開幕)進出を確定させた。まだ伸びしろを感じさせながら逆転Vを飾った16歳について、海外メディアも「とても美しくエレガントだ」と続々称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 紀平がまた世界を驚かせた。冒頭の3回転アクセルをなんとか着氷したが、回転不足の判定不足に。それでも以降は大きなミスなくまとめ、中盤以降は美しいステップ、スピンを披露。ジャンプだけではなく高い総合力を発揮してみせた。滑り終えると、安堵したような笑みを浮かべ、会場からは大きな拍手。合計200点超で見事に逆転Vを飾った。

 英衛星放送「ユーロスポーツ」イタリア版は「日本人リカ・キヒラの素晴らしいプログラムを見られるだけで十分だ。たとえ、2週間前(NHK杯)と比べて完成度が劣っていたとしてもだ」と、すでに高い期待感を得るに相応しい選手になったと認めた上で「今回もとても美しくエレガントな演技で、同国のマイ・ミハラとの戦いを制した」と称賛した。

 また、イタリアスポーツ専門メディア「OAスポーツ」は「2週間前の勝利から改めて新しい優勝を飾り、バンクーバーのファイナルの切符を手にした」と報じた上で「1本目のトリプルアクセルの着地の乱れから、戦略的に次のトリプルアクセルをダブルアクセルにしてコンビネーションジャンプにするという冷静さがあった。回転不足もあったが、他のコンビネーションジャンプも上手く成功させた点が勝利のカギとなった」と冒頭からリズムを崩さず、演技をまとめた冷静さを評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集