[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

早田ひなを世界クラスにした危機感 過密日程で体調不良も…「心」も強くした2年間の代表選考

卓球・ノジマTリーグの年間優勝を争うプレーオフ女子決勝が24日、東京・代々木第二体育館で行われ、今季レギュラーシーズン2位の日本生命レッドエルフが同1位の昨年女王・木下アビエル神奈川を3-0で下した。第3試合では早田ひなが同じパリ五輪代表の平野美宇とのエース対決を3-1(11-8、13-11、3-11、11-6)で制し、2季ぶり最多5度目の優勝。土壇場で勝ち切る心の強さを得た理由として、国内の厳しい代表選考を明かした。観衆は2624人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

プレーオフ女子決勝で得点後にベンチに笑顔を見せる早田ひな【写真:徳原隆元】
プレーオフ女子決勝で得点後にベンチに笑顔を見せる早田ひな【写真:徳原隆元】

ノジマTリーグプレーオフ

 卓球・ノジマTリーグの年間優勝を争うプレーオフ女子決勝が24日、東京・代々木第二体育館で行われ、今季レギュラーシーズン2位の日本生命レッドエルフが同1位の昨年女王・木下アビエル神奈川を3-0で下した。第3試合では早田ひなが同じパリ五輪代表の平野美宇とのエース対決を3-1(11-8、13-11、3-11、11-6)で制し、2季ぶり最多5度目の優勝。土壇場で勝ち切る心の強さを得た理由として、国内の厳しい代表選考を明かした。観衆は2624人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 渾身のドライブには魂が乗っていた。2勝0敗で迎えた第3試合。「自分で締めてやるぞ」。早田は強気で平野を迎え撃った。第1ゲーム(G)最初の得点を奪って絶叫。4-3から強烈なフォアハンドを炸裂させた。4連続得点で11-8。第2Gも8-10と先にゲームポイントを握られながら強打連発で追いついた。13-11で声を張り上げる。第4Gは3-5の劣勢。「追いつかれてもおかしくない」。最悪の展開もよぎったが、ここで耳を澄ました。

「ふっと力が抜けた時、チームの応援が凄く聞こえた。自分だけで戦っているわけじゃない。応援に恩返ししたい」

 気迫の6連続得点で逆転した。2季ぶりの王座奪還を果たし、金の紙テープにまみれながらベンチにガッツポーズ。日本人トップの世界ランク6位を誇る23歳が、同学年の五輪代表対決を制し、土壇場の強さを証明した。「自分ではなく、他の人のために戦えたことが勝因」。10日のシンガポールスマッシュ初戦で敗れた平野に対し、「負けたことは忘れて今日の自分でどう戦うか」と集中した。

 準決勝でも2勝でエースの役割を全う。団体戦のここ一番で強さを発揮した。チームには練習態度、競技に繋がる生活の仕方を見せ、学びを与えた。かつて日本代表も率いた村上恭和総監督は、世界クラスの実力に上り詰めた姿をこう評する。

「早田がいつも『自分は挑戦者になった時に勝てる』と言います。戦う時の心の持ち方が凄く成長した。『自分は強いんだ』『優位だ』とか思っていない。その状況を自分でつくることができる。スポーツにおいて重要なこと。彼女は特別な心の持ち方をマスターしている」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集