[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

次代の最強KOボクサー・中谷潤人 世界最強・井上尚弥に通ずる「期待を超える」という意識

ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、セミファイナルのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)1位・中谷潤人(M.T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に6回1分12秒TKO勝ちした。日本人3人目の「全勝世界3階級制覇」を達成。次代の最強ボクサーが、転級初戦でWBCのバンタム級王座を日本に取り戻した。

WBC世界バンタム級タイトルマッチ、アレハンドロ・サンティアゴを下した中谷潤人【写真:山口比佐夫】
WBC世界バンタム級タイトルマッチ、アレハンドロ・サンティアゴを下した中谷潤人【写真:山口比佐夫】

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦

 ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、セミファイナルのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)1位・中谷潤人(M.T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に6回1分12秒TKO勝ちした。日本人3人目の「全勝世界3階級制覇」を達成。次代の最強ボクサーが、転級初戦でWBCのバンタム級王座を日本に取り戻した。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 魅せること、期待を超えることを大切にする26歳。発言に伴った試合内容を見せ、ファンを沸かせる姿は井上尚弥(大橋)に通ずるところがある。戦績は26歳の中谷が27勝(20KO)、初防衛戦の28歳・サンティアゴが28勝(14KO)4敗5分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 魅せるボクサーの拳が観客の胸をも打ちぬいた。

 サウスポーの中谷は静かな立ち上がり。「ガンガンくる選手なので上体が高いと効いてしまう。低くすれば対応できる」。序盤は身長の低い相手に合わせるように屈んで構えた。距離を取って相手をコントロールすると、6回から上体を高く構えるアップライトに変更。構えで変化を加え、遠距離からワンツーを突き刺した。スムーズかつ強烈な一撃でダウンを先取。会場は一気に沸騰した。

 再開後も猛ラッシュをかけ、右フックであごを揺らした。2つ目のダウン。37戦目の王者にキャリア初のKO負けを与えた。初めてのWBCベルト。幼い頃からの夢を叶えた瞬間、笑顔は少年に戻っていた。

「凄く感慨深い。ボクシングに出会えてよかった」

 WBCの世界バンタム級王座は日本人にとって特別なもの。かつてはファイティング原田、辰吉丈一郎、薬師寺保栄、長谷川穂積、山中慎介、井上尚弥ら数々の日本人ボクサーが巻いた。中谷は15歳だった2013年4月、山中氏が12回TKO勝ちしたマルコム・ツニャカオ戦を家族で生観戦。「WBCのベルトが欲しい」。米国へ単身武者修行を決意した。海外の猛者と研鑽を積むのは今でも変わらない。

「この試合に向けて、ロサンゼルスでも日本でも死ぬ想いでやってきた」

 今年の米合宿は1月4日から1か月。15歳から師事してきたルディ・エルナンデス・トレーナーに過酷なスパーリングを指示された。

 通常は1回3分、ラウンド数は長くても世界戦と同じ12回だが、自己最長16回を含む計140回以上を消化。パートナー2人を相手に5分×10回の日もあった。しかも予告なく、ラウンド中に3分ではないことを知る。全てはタフな難敵王者に対応するため。「イレギュラーなやり方に耐えて自信にもなった」。メンタルも強化。帰国後も続け、日米合計270回もの数をこなした。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集