[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

YouTube収益化にNFTアート販売 バスケ日本代表経験者が“コート外”の活動にも全力を注ぐ理由

バスケットボールB1リーグの島根スサノオマジックに所属する谷口大智は、日本人ビッグマンとしてチームに欠かせない役割を果たす一方で、個人によるYouTubeチャンネルでの活動や、「Bリーガー初」となるNFTの設立を果たすなど、一見バスケットボールとは関係のない発信や活動も精力的に行っている。トム・ホーバス体制での日本代表も経験したプレーヤーが、「コート外」にまで全力を尽くす。一体、何が彼を駆り立てているのだろうか。

島根スサノオマジックに所属する谷口大智。日本人ビッグマンとして存在感を示す一方、コート外の活動にも全力を注ぐ【写真:荒大】
島根スサノオマジックに所属する谷口大智。日本人ビッグマンとして存在感を示す一方、コート外の活動にも全力を注ぐ【写真:荒大】

島根の谷口大智、Bリーガー初のNFTを設立

 バスケットボールB1リーグの島根スサノオマジックに所属する谷口大智は、日本人ビッグマンとしてチームに欠かせない役割を果たす一方で、個人によるYouTubeチャンネルでの活動や、「Bリーガー初」となるNFTの設立を果たすなど、一見バスケットボールとは関係のない発信や活動も精力的に行っている。トム・ホーバス体制での日本代表も経験したプレーヤーが、「コート外」にまで全力を尽くす。一体、何が彼を駆り立てているのだろうか。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 谷口は、広島ドラゴンフライズに在籍していた2020年から、YouTubeチャンネル「DT times」を立ち上げた。趣味であるアクアリウムの様子や、オフの日に立ち寄った店での食事やショッピングなど、バスケットとある程度、距離を置いた発信をするスタイルは、4年が経とうとする今も変えていない。

「今でこそ、いろんな選手がオンラインサロンを開いたり、ブランドの立ち上げをしたりという動きがあります。当時、自分も30歳になって、バスケットの世界でも、いつ、何が起こるか分からない。『バスケットボール選手』という肩書きが自分からなくなった時、何ができるかと考えると、怖くなったことがありました。自分が1人になっても、全力で取り組めることを作ろう、というのがYouTubeを立ち上げたきっかけです」

 プロアスリートであるがゆえに、ファンからの反発を感じる瞬間がなかったわけではない。コート上の谷口が「日本人でビッグマン」という貴重な存在であったことも、もしかするとその裏にはあっただろう。

「当然、最初は『動画を上げていないで練習しろ』と言われることもありました。当時はチームもB1に昇格したてで勝てなかった頃でしたし、そうした声が響かないわけではなかった。ただ、バスケットに全力な姿をコートで見せることで、そうしたことは言われなくなるはずで、だからこそ、バスケットがどれだけ好調でも不調でも、オフはオフで切り替えて取り組むと決めました。そうしているうちに、自分で撮って、編集をしていくのには限界も見えて、これではバスケットに影響が出てしまう……という別の課題が出てきました」

 現在は島根で単身赴任中の谷口も、YouTubeでの活動当初は広島で家族と暮らし、基本的には子どもたちを寝かしつけてからが自分の時間だった。そうでなくとも、チームから資料として渡されるスカウティング映像やレポートなどにも目を通す必要がある。時間は有限。ならば、どう折り合いをつけるか。谷口は、全力であり続けるための選択肢を探った。

「幸いにして、YouTubeの収益化ができたので、そのお金を元手に編集を任せることにしました。それもあって、撮影にも集中できるようになったかもしれません。バスケットやチームのために必要な時間は、ちゃんと当てられるようになりましたしね」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集