[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「どうするん、気合入れて髪刈ってきたのに」 日韓戦と思って中目黒に来た久保竜彦、冷える頭と日本の熱い夜

ハーフタイム、ガラケーから新たに替えたガラケーを操作する久保【写真:荒川祐史】
ハーフタイム、ガラケーから新たに替えたガラケーを操作する久保【写真:荒川祐史】

「この観戦記が好評なん? こんなん普通記事にならんやろ。俺、酒飲んで喋っとるだけやん」

 今夜もキックオフのホイッスルより先に響いたのは、エビス350mlの「プシュッ!」という快音。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 試合は日本が序盤から優位に運ぶ。前半30分、この日最初の「んあー!」の絶叫が。毎熊のミドルのこぼれ球を堂安が詰め、先制点。そして、咆哮。「あのシュート、毎熊なん? なんでサイドバックがあんなとこおるん?」

 前半40分に2本目のエビス350mlを投入するとヒートアップ。「パンパンパーンと行って、ゴール前でパーンやん。そうやろ?」。篠塚に憧れた巨人党らしく、ミスターが憑依したかのようなドラゴン節で、いまいち噛み合わない上田に檄を飛ばす。

 好物のハッピーターンに手もつけない熱戦。

 後半4分、決定機に上田が堂安とお見合い。直後、久保がゴールに押し込むも、オフサイドの旗が……。「上田、なんで止まるん。なんで打たんの。優しすぎるんか、(周りが)見えすぎるんか。堂安ごとゴールにぶち込まなあかんやろ」

 苛立つドラゴン。しかし、VARで判定が覆り、ゴールが認められる。手のひら返しの上機嫌。「やっぱ、VARやな!」

 後半19分、オウンゴールで1点差に迫られたが、27分に上田が巧みなターンから裏へ抜け出す。「打て!」。1対1からGKの股を抜くダメ押し弾。手をパンパンと10度も叩いて喝采。「今日、今までしょぼかったのが帳消しよ。おーん」

 後半40分には、途中出場の三笘が60メートルのドリブルから決定機を演出。今度は「うわあ……」と恍惚の雄叫びが。「上手すぎるやろ。ヤッバイね、スッゴイね……浅野がついていけてないやん。もう、驚愕よ」

AT10分の長さに堪え切れず、画面にかじりついて観戦し始める久保【写真:荒川祐史】
AT10分の長さに堪え切れず、画面にかじりついて観戦し始める久保【写真:荒川祐史】

 アディショナルタイム10分には「じゅっぷぅん!?」と驚き、またも苛立ち。「まだ? 審判まだやるん?」。催すものがあり、もぞもぞと立ち上がって画面の至近距離から主審に圧をかける。そして、試合終了のホイッスルとともに、一目散にトイレに消えた。

 すっきりした状態で実施した解説インタビュー。

 往年のオランダ名手とダブって見えたという三笘のプレー、3得点の裏で挙げた意外な勝利のキーマンから、2戦連続の快勝でよぎった次戦の不安まで存分に語った。

 今夜もほんのり顔を赤らめ、酒と日本代表の勝利に酔った夜。頭は冷えても、観戦は熱かった。

「この観戦記が好評なん? 嘘やろ。だって、こんなん普通記事にならんやろ。俺、酒飲んで喋っとるだけやん。どういうことよ……まあ、俺は読んどらんけどな」

 しかし、今夜もドラゴン色に染められた文字がこうして躍る。最後まで饒舌に、1月最後の夜の中目黒に消えていった。 

 なお、インタビュー記事は近く配信する。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集