[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

異例の五輪決定持ち越し 男子100kg級が「日本柔道の弱点」と言われる理由、長い苦難の歴史とは

パリ五輪柔道の日本代表が新たに3階級で内定した。3日まで行われたグランドスラム東京の結果を受け、男子60キロ級の永山竜樹(27)らが五輪切符を獲得。これで男女14階級中13階級の代表が決まったが、男子100キロ級だけは決定を異例の持ち越し。日本柔道の“アキレス腱”とまで言われる男子100キロ級、その苦難の歴史とは。(文=荻島 弘一)

男子100キロ級、東京五輪金メダルのウルフ・アロン(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
男子100キロ級、東京五輪金メダルのウルフ・アロン(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

「最終選考会」のグランドスラム東京でも男女14階級で唯一代表が決まらず

 パリ五輪柔道の日本代表が新たに3階級で内定した。3日まで行われたグランドスラム東京の結果を受け、男子60キロ級の永山竜樹(27)らが五輪切符を獲得。これで男女14階級中13階級の代表が決まったが、男子100キロ級だけは決定を異例の持ち越し。日本柔道の“アキレス腱”とまで言われる男子100キロ級、その苦難の歴史とは。(文=荻島 弘一)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 強化委員会後の会見、男子代表の鈴木桂治監督は苦渋の表情をみせた。「100キロ級に関しては、選考を続けさせていただきたい」。パリ五輪に向けて代表の早期決定を掲げ、8月までに男女10階級を内定。「最終選考会」と銘打ったこの大会で残る3階級でも内定者を出したが、100キロ級だけは最後まで決め手に欠いた。

 大会前までは東京五輪金メダルのウルフ・アロン(27)と飯田健太郎(25)の争いだった。この大会で優勝すれば内定が出ることも予想されたが、ウルフは7位、飯田も2回戦敗退と惨敗。ともに「直接対決で決める」と意気込んでいたが、それすら実現しなかった。

 代わって飛び出したのが、18歳の新井道大。初出場ながら2回戦で世界王者のアダミアン(AIN=ロシア出身中立選手)に一本勝ちするなど会場を沸かせて決勝に進んだ。もっとも、決勝ではあっさり一本負け。「ジュニア枠」で出場しながらの大健闘は称賛されたが「シニアの経験が浅い」と代表内定は見送られた。

 ハイレベルの争いなら朗報だが、残念ながら決して高くないレベルの争い。ウルフはアジア大会で5位に終わるなど東京五輪の輝きは戻らず、3大会連続で世界選手権に出場した飯田もすべて早期敗退。ともに代表に内定するだけの結果を残していなかった。

 100キロ級のレベルの低さは、2009年から導入された世界ランキングを見ても分かる。この大会前まで日本選手では飯田の27位が最高でウルフは40位。上位に日本選手の名前が並ぶ他の階級に比べて、目を覆いたくなるほどの不振ぶりだ。

 世界ランクは五輪出場にも直結する。2012年ロンドン大会から出場のために上位のランクが必要になった。前回東京大会は開催国としてランクに関係なく選手が選べたが、今回出場資格を得られるのは17位以上と現状からは遠い。

1 2

荻島 弘一

1960年生まれ。大学卒業後、日刊スポーツ新聞社に入社。スポーツ部記者としてサッカーや水泳、柔道など五輪競技を担当。同部デスク、出版社編集長を経て、06年から編集委員として現場に復帰する。山下・斉藤時代の柔道から五輪新競技のブレイキンまで、昭和、平成、令和と長年に渡って幅広くスポーツの現場を取材した。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集