[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

代表落選しても勝者に笑顔を向けた理由 柔道五輪王者・高藤直寿「互いにしんどいんですよ」

柔道のグランドスラム(GS)東京大会第2日が3日、東京体育館で行われた。男子60キロ級では、30歳の東京五輪金メダル・高藤直寿(パーク24)が準優勝。来年パリ五輪代表争いを繰り広げた27歳の永山竜樹(りゅうじゅ、SBC湘南美容クリニック)に決勝で敗れ、強化委員会で代表落選が決まった。試合直後の畳では、内定した勝者を笑顔で労った五輪王者。互いの苦しみを理解するからこそできる行動だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

高藤直寿【写真:Getty Images】
高藤直寿【写真:Getty Images】

柔道グランドスラム東京

 柔道のグランドスラム(GS)東京大会第2日が3日、東京体育館で行われた。男子60キロ級では、30歳の東京五輪金メダル・高藤直寿(パーク24)が準優勝。来年パリ五輪代表争いを繰り広げた27歳の永山竜樹(りゅうじゅ、SBC湘南美容クリニック)に決勝で敗れ、強化委員会で代表落選が決まった。試合直後の畳では、内定した勝者を笑顔で労った五輪王者。互いの苦しみを理解するからこそできる行動だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 五輪王者は笑って勝者を称えた。永山との直接対決は延長へ。高藤は試合途中で負傷し、顎付近を包帯でグルグル巻きにした状態で畳に戻った。しかし、直後に一本背負いで敗戦。この時点で五輪連覇の夢が絶望的となった。ゆっくりと体を起こし、礼。汗だくの笑顔で歩み寄り、勝者の頭を撫でまわした。

「よく頑張ったな。また頑張れよ」

 東京五輪後、昨年世界選手権で4度目の優勝。だが、その後は苦しみの連続だった。優勝なら内定と目された今年5月の世界選手権は5位。8月のマスターズ大会も3位と決め切れず。国際大会で連勝した永山の猛追を受けた。東京五輪でも代表権を争い、直接対決で高藤に軍配。今大会を制すれば、パリ切符は濃厚と見られていた。

「自分の子どもたち、若い選手たちに気迫のある姿を見せられたかなと。今日は気合い。それしかない。気持ちだけで臨みました」

 試合後の強化委員会で内定が発表されたのは永山。「高藤先輩に勝って代表にならないといけない。ずっとライバルで尊敬する先輩。決勝で戦えてよかった」と自分を成長させてくれた存在に感謝した。昨年は連敗続き。「ここで終わっちゃうのかな」と一時は五輪を諦めかけた。「自分を変えたい」と1か月の海外武者修行。全ては高藤に勝ってパリに行くためだった。

「多少は戦略もあるけど、基本は本能で戦った。重圧を感じないようにしていたけど、ずっと感じていた。肩の荷がバン!と下りて解き放たれました」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集