[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「チームのため」という十字架を背負うな 世界の名ストライカーに共通、ゴール量産に必要な素養

何を言われてもボールを要求する、ふてぶてしさも必要

 走行距離やスプリント回数のようなデータが重視される現代だが、ストライカーの資質は反比例するという。「チームのため」という十字架を背負ってしまうと、やがてそれを担ぐことに慣れ、ゴールが遠のく。そうなると、末路は決まっている。何を言われても、『必ずゴールをする』というふてぶてしさでピッチに立ち、ボールを要求し、決め切る胆力が必要なのだ。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 それがストライカーに求められるメンタリティだろう。

 日本代表の上田綺世、古橋亨梧の2人は、「Desmarque」に優れている。マーカーと体を合わせた時にパワーがあるが、それに依存するのではなく、スピードの緩急や方向転換によって、駆け引きでズレを生み出せる。昨シーズンそれぞれ、ベルギーリーグで22得点、スコットランドリーグで27得点とゴールを量産できたのは、必然と言える。

 2人とも点取り屋独特の気概が見える。

「自分の力で、チームを勝たせてやる」

 そうした割り切りというのか。そこで腹を括れなかったら、ゴールはできない。チームのため、という言葉で体力を使い果たしていたら、肝心のチャンスの場面で足を振れない。余力は残っていないのだ。

 ストライカーは、己の行くべき道を信じて行けるか。唯我独尊。その気概が透けて見えるくらいがちょうどいい。

(小宮 良之 / Yoshiyuki Komiya)

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集