[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「チームのため」という十字架を背負うな 世界の名ストライカーに共通、ゴール量産に必要な素養

動きすぎるストライカーにチャンスは巡ってこない

 トップレベルのストライカーは程度の差こそあれ、いずれもピッチに立つとふてぶてしい。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 その昔、ブラジルのロマーリオは「夜遊びの何が悪い? 試合でゴールを決めているだろ?」と批判を一蹴。ライフスタイルを制限されることも嫌った。

 一方でラウール・ゴンサレスは極めて真面目だったが、自分の身体のケアのためには、どれだけチームメートを待たせても詫びを入れなかった。その代わり、ピッチで結果を出した。他にもズラタン・イブラヒモビッチは、「俺は誰にも似ていない。オンリーワンだ」という名言を残し、クリスティアーノ・ロナウドに至っては、その手の逸話は枚挙にいとまがない。

 正邪ではなく、思考回路からして違うのだ。

 ただ、ストライカーのスカウティングをする上で、1つだけ技術的に基準となる点がある。

「Desmarque」

 スペイン語で「マークを外す」という意味だが、プロで通用するストライカーは、ディフェンスとの駆け引きのところで勝っている。修練もあるが、これを感覚的にできていないと、上に上がるほど通用しない。

「ファーサイドでどれだけ仕留められるか」

 ストライカーがプロで成功する1つの指標だろう。マーカーの視界から消え、背後を取れるか。敵の逆を取ってマークを外す動きだが、1つの鉄則がある。

「動かないことを恐れるな」

 それは世界史上最高のストライカーの1人であるアルフレッド・ディ・ステファノが、ストライカーの掟として口にした言葉である。ボールを受けようと、やたら動きすぎるストライカーにチャンスは巡ってこない。むしろ、止まる動きをすることで、シュート動作のためのスペースを作り、同時に相手のマークを外すことができる。

 簡単ではない。マークにつかれていると、どうしても動いてしまう。そうしたほうが“努力しているアリバイ”にもなるからだが……。

 ストライカーは「止まる勇気」を持てるか。その一瞬で方向を変え、ボールを引き出す。現代サッカーでは、ストライカーがニアに突っ込み、GKをニアに動かし、相手ディフェンスを引き連れ、劣りになる役も求められるだけに、そのバランスも求められるのだが……。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集