[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

儚き10代のサッカーセンス 年齢を重ね不意に消える「上手さ」、逸材の未来を分けるものとは

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。日本でも高校・ユース年代から突出したパフォーマンスを見せる選手は、将来のスター候補として脚光を浴びるが、プロ入り後に消えていく才能も少なくない。その成否を分ける分岐点はどこにあるのか。世界的な名選手を例に、上手さだけでは生き残れないと指摘している。

18歳当時のリオネル・メッシ。バルセロナでトップデビュー後も自らの才能を磨き続けた【写真:Getty Images】
18歳当時のリオネル・メッシ。バルセロナでトップデビュー後も自らの才能を磨き続けた【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:競争の中で磨かれる真の上手さ

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。日本でも高校・ユース年代から突出したパフォーマンスを見せる選手は、将来のスター候補として脚光を浴びるが、プロ入り後に消えていく才能も少なくない。その成否を分ける分岐点はどこにあるのか。世界的な名選手を例に、上手さだけでは生き残れないと指摘している。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

「あれだけ上手かったのに、どうしてプロになれなかったのか?」

 その手の話はごまんとある。ユース年代ではチームのエースだったが、いつの間にか脱落していた。珍しくない話だ。

<上手さ>

 それは、ユース年代では危ういものである。生まれ持った感覚や運動神経や勢いなどの要素で、上手さは表にひょいと出る。それが自信になることによって、華やかにも映る。チームの中では突出した存在になるだろう。

 しかしながら、その輝きは明滅するライトのようなものだ。上手さは、不意に消える。

 結局は、メンタルの力が問われる。周りから期待された時、それに応え続ける耐性があるか、あるいは、そのような重圧を感じず、「サッカーが好き」という思いを貫き、技術向上に専心できるか。また、思い上がらずにトレーニングに打ち込める精神的安定も欠かせない。

 繰り返すが、サッカーセンスは儚いものである。少し道を外れただけで簡単に失われる。真の上手さは、競争の中で切磋琢磨され続けてこそ、ホンモノになるのだ。

 世界最高峰のスペイン、リーガ・エスパニョーラでは、1部のレアル・マドリード、FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードの有力クラブなど18チームを筆頭に、すそ野は広い。2部22チーム、3部40チーム、4部108チーム。各チーム、その地域で有力な下部組織を持っている。基本的に各年齢のチームがあるわけで、その中には「上手い」と言われる選手が何人かいる。トップクラブのユースは各ポジションにそうした選手を集めたエリートと言えるだろう。そう考えると、例えば16~18歳の1つの世代で、スペイン国内に千人単位で「上手い」選手がいることになるのだ。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集