[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1界激震の大規模事故未遂 コースにいた人物に英実況席絶叫「修羅場だ。なぜ奴は気づかない?」

自動車レース・F1の第4戦アゼルバイジャンGPの決勝が4月30日(日本時間5月1日)、バクー市街地サーキットで行われ、あわや人身事故の危険な場面があった。アルピーヌのエステバン・オコンがピットインする際、ピットレーンの関係者たちと接触寸前に。海外メディアが決定的瞬間の画像や動画を公開していた中、英実況席は「完全な修羅場だ」「何が起こっているんだ!?」と困惑していたようだ。

アゼルバイジャンGPに出場したエステバン・オコン【写真:ロイター】
アゼルバイジャンGPに出場したエステバン・オコン【写真:ロイター】

コース上に多数のカメラマンが…

 自動車レース・F1の第4戦アゼルバイジャンGPの決勝が4月30日(日本時間5月1日)、バクー市街地サーキットで行われ、あわや人身事故の危険な場面があった。アルピーヌのエステバン・オコンがピットインする際、ピットレーンの関係者たちと接触寸前に。海外メディアが決定的瞬間の画像や動画を公開していた中、英実況席は「完全な修羅場だ」「何が起こっているんだ!?」と困惑していたようだ。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 F1を見てきた識者も度肝を抜かれる場面だった。決勝レース残り1周。ピットインしようとしたマシンの前に大勢の人がいた。大慌てでコースから走り去る人々。幸いにも大規模な人身事故は免れたが、あわや多くの人をはねてしまうところだった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のF1専門インスタグラムなどが動画を公開。大会側がレース終了前に表彰式の準備を始め、カメラマンが集まってしまっていたようだ。海外メディアによると、オコンは「理解できない」などと苦言。さらに英紙「デイリー・エクスプレス」も「『めちゃくちゃな』ピットレーンでの事件でエステバン・オコンがもう少しで群衆をはねそうになったF1のカオス」と報じた。

 同紙は、アルピーヌが義務付けられたタイヤ交換を終盤に残す戦略を取っていたことを指摘。その上で、英衛星放送「スカイスポーツ」のコメンテーター、デビッド・クロフト氏とカルン・チャンドック氏は事態を目の当たりにし「困惑した」と説明した。クロフト氏は「全くもって完全な修羅場だ」と呼んだという。

 さらに記事では「酷い事故までオコンが数インチのところまで迫る中、カメラマンたちが急いで逃げ出そうとしていた」と描写。「この劇的な事件が起こる中、怒ったスカイスポーツの解説者テッド・クラヴィッツは叫んだ。『これは何なんだ!? これは修羅場だ。私たちにはそれが来るのがわかっていた。アルピーヌもわかっていた。なんで他のやつらはわからないんだ? そこでは何が起こっているんだ!?」と識者の様子を伝えた。

 怪我人はいなかったものの、F1界に激震が走るほどの事態だったようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集