[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北島康介が語る“運命の出会い” 「あの時の少年が世界と戦うのを見るのは感慨深い」

競泳のパンパシフィック選手権(パンパシ水泳、テレビ朝日系列で中継)は8月9日に開幕する。2年後の東京五輪も見据えた真夏の国際大会は、2002年の横浜開催以来、16年ぶりの日本開催。海外からもトップスイマーが集まる中で、大会のアスリートホストを務める北島康介さんは迎え撃つ日本人選手に注目。16年前のあの“運命の出会い”についても振り返った。

北島康介さんが16年前の“運命の出会い”について振り返る【写真:荒川祐史】
北島康介さんが16年前の“運命の出会い”について振り返る【写真:荒川祐史】

16年前の横浜大会では当時8歳だった瀬戸大也との出会いも

 競泳のパンパシフィック選手権(パンパシ水泳、テレビ朝日系列で中継)は8月9日に開幕する。2年後の東京五輪も見据えた真夏の国際大会は、2002年の横浜開催以来、16年ぶりの日本開催。海外からもトップスイマーが集まる中で、大会のアスリートホストを務める北島康介さんは迎え撃つ日本人選手に注目。16年前のあの“運命の出会い”についても振り返った。

 2016年のリオ五輪では7つのメダルを獲得した日本競泳陣。20年の東京ではそれ以上が期待される。その中間年に行われるパンパシ水泳は現在の実力を測るには格好の舞台だ。男子では主将を務める萩野公介(ブリヂストン)と共に熱い視線を集めているのが、永遠のライバル瀬戸大也(ANA)。幼少時代から切磋琢磨し続けてきた同学年の2人だが、瀬戸と北島さんの初めての出会いは実に運命的なものだった。最終回では北島さんが16年前を回想した。

 2002年のパンパシ水泳横浜大会。北島さんの大ファンだった当時8歳だった少年は、現地で大会を観戦。会場の外で出待ちをして、サインをもらい、記念の2ショットも撮ってもらった。その少年ファンこそが瀬戸大也だ。「年を取ったなと思いますね」。北島さんは笑いながら、瀬戸への期待について口にした。

「あの時、横浜に来て一緒に写真を撮ったことは正直なところ全く覚えていません。でも、あの時の少年がこうやって日本の国旗を背負って、代表として戦っている姿を見ると感慨深いですね。背中を追っているというか、結局水泳は自分自身を超えていくようなスポーツだと思いますが、あの時、多分大也は『自分もこういうところでこういう大会に出たいな』と思ったんでしょうね」

 北島さんから影響を受けた少年が、その背中を追うように、日本を代表するスイマーになった。オリンピックでメダルを掴み取り、そして日本で行われる国際大会で今度は憧れられる側に回るのだから、なんとも壮大でドラマチックなストーリーだ。

「今回は東京開催です。今度は大也がジュニアの子たちに夢を与える立場になったわけですから、活躍して欲しいと思いますし、それこそ活躍することをみんなから期待されていると思います。自分は今振り返れば、パンパシはあまり調子がよくなかった年もあるけれど、彼らはそうは言っていられないと。2020年のことを考えたらどんな大会でも100%以上の力を出し切ることが大事になってくると思います」

 今大会で最も注目すべき種目は瀬戸が、萩野、世界選手権で頂点に立ったチェイス・カリシュ(米国)と激突する男子400メートル個人メドレー。事実上の世界一決定戦を、北島さんも興味深く見ている。

「大也はこの間、良い記録出して、気持ちも上がってきていると思います。夏にピークを持って来られるどうかも楽しみですし、こういう熾烈な戦いがこの東京で見られるのことが楽しみです。ただ3人以外にもトップ争いに絡んでくる外国人選手も出てくるかもしれません。パンパシはそういう大会でもあります。新しい芽が出てきて2年後何があるかわからないなという楽しみも生まれます」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集