[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手の失敗は「自分の責任」 部活指導の外国人監督、徹底して高校生を擁護した理由

2023シーズンからJ1リーグに復帰する横浜FCに、日本との関わりも深い1人の外国人指導者が加わった。セットプレーコーチ兼アナリストに就任したのは、元アイルランド代表GKのジェリー・ペイトン氏。イングランドの名門アーセナルを率いた名将アーセン・ベンゲル氏の下で、03年から15年間にわたってGKコーチを務めたほか、3つのJクラブでの指導を経験し、21年からは兵庫県の相生学院高校サッカー部で監督として日本のユース年代の選手を教えてきた。

左からゼムノビッチ総監督、ペイトン前監督、ストヤノフU-16監督、上船利徳GM兼監督【写真:相生学院】
左からゼムノビッチ総監督、ペイトン前監督、ストヤノフU-16監督、上船利徳GM兼監督【写真:相生学院】

「元アーセナルGKコーチの選手育成論」第5回

 2023シーズンからJ1リーグに復帰する横浜FCに、日本との関わりも深い1人の外国人指導者が加わった。セットプレーコーチ兼アナリストに就任したのは、元アイルランド代表GKのジェリー・ペイトン氏。イングランドの名門アーセナルを率いた名将アーセン・ベンゲル氏の下で、03年から15年間にわたってGKコーチを務めたほか、3つのJクラブでの指導を経験し、21年からは兵庫県の相生学院高校サッカー部で監督として日本のユース年代の選手を教えてきた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 そんな世界トップレベルと日本のサッカー事情を知るペイトン氏の「選手育成論」に迫る短期連載。最終回ではJリーグクラブにも匹敵するようなコーチ陣を揃えることになった相生学院のこれからと、ペイトン氏がチームに残した指導哲学に迫る。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 将来日本を代表して活躍するプロ選手の育成を最大の目標に掲げ、淡路島に創設した相生学院高校サッカー部の新しい陣容が決まった。

 アーセナルで15年間の指導歴を持つジェリー・ペイトンが横浜FCへ去り、総監督だった上船利徳がGMと監督を兼任。新たにテクニカル・ダイレクターには、横浜フリューゲルス最後の監督として知られるゲルト・エンゲルスが就任した。エンゲルスは高校選手権やインターハイなどの時期には来日してチームの強化を図るが、主に在校生たちが欧州でプロ契約を勝ち取れるようにサポートしていく。また同校で主に1年生を指導してきたゼムノビッチ・ズドラブコは、総監督として曜日ごとにポジション別のトレーニングを担当することになった。

 さらにこれまで同校に不在だったフィジカルコーチとして、ブラジル人のエルシオを招聘。Jリーグの10クラブでコーチを務めてきたエルシオは、カタールW杯の日本代表メンバーだった遠藤航(シュツットガルト)や前田大然(セルティック)を指導した実績もある。一方、新しくGKの指導にあたるのは、同じくブラジル人のヘネ・エンカタリノ。現役時代はU-19同国代表歴を持ち、一昨年まではアルビレックス新潟でU-18のGKコーチを務めていた。

 そしてU-16監督には、元ブルガリア代表でジェフユナイテッド千葉やサンフレッチェ広島などで活躍したイリヤン・ストヤノフが就任する。もともと2002年日韓W杯でイングランド代表が利用したトレーニング環境はJクラブ以上だったが、今年度からはGPSなども導入して一層トップシーンの現場に近づけていく予定だ。

「何より選手たちのことを最優先に考えて」

 上船監督は、経験豊かな多国籍のスタッフを揃えた。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集