[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「リングで礼儀を教育した」 舐めた若手に喝、37歳ボクサーが怒りを隠した引退試合

いら立ちを内に秘めた完勝劇だった。6日にエディオンアリーナ大阪で行われたボクシングイベント「3150FIGHT Vol4」のスーパーライト級5回戦。引退試合だった37歳の元東洋太平洋フェザー級王者・大沢宏晋(ひろしげ・オール)が、22歳の樋口和輝(ARITOMI)に3-0の判定勝ちを飾った。試合前から挑発を受けた世界挑戦経験もある大ベテラン。若手を拳で「教育」し、ボクサー人生に終止符を打った。戦績は大沢が38勝(21KO)6敗4分け、樋口が6勝(2KO)4敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

引退試合で樋口和輝にパンチを放つ大沢宏晋(右)【(c)3150FIGHT】
引退試合で樋口和輝にパンチを放つ大沢宏晋(右)【(c)3150FIGHT】

37歳大沢宏晋の引退試合

 いら立ちを内に秘めた完勝劇だった。6日にエディオンアリーナ大阪で行われたボクシングイベント「3150FIGHT Vol4」のスーパーライト級5回戦。引退試合だった37歳の元東洋太平洋フェザー級王者・大沢宏晋(ひろしげ・オール)が、22歳の樋口和輝(ARITOMI)に3-0の判定勝ちを飾った。試合前から挑発を受けた世界挑戦経験もある大ベテラン。若手を拳で「教育」し、ボクサー人生に終止符を打った。戦績は大沢が38勝(21KO)6敗4分け、樋口が6勝(2KO)4敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 血気盛んな22歳はニヤついていた。試合直前、会場の大型モニターで流れた選手紹介VTR。樋口はカメラに向かって、この試合で引退する大沢に刺激的なメッセージを送った。

「最後に若いボクサーの前で派手に散るのもいいんじゃないっすか」

 初回から勢いそのままに拳を振り回す22歳。右オーバーハンドから左右のフックで20連打を繰り出した。コーナーに追い込まれた大沢。しかし、プロ48戦目の大ベテランは冷静だ。しっかりブロックを固め、パンチが止んだ一瞬の間をついて左フック。膝をつかせ、先制ダウンを奪ってみせた。

 狙いすましたワンパンチで形勢逆転。再開後も守勢に回り、ロープを背負った。だが、ロープの弾力を巧みに使いながら上半身を動かし、クリーンヒットを回避した。この回に2度目、2回にも3度目のダウンを奪取。ともに相手のパンチを見切り、絶妙なタイミングで放ったジャブだった。

 ラウンドを重ねるごとにがっちりと主導権を握り、まざまざと見せつけた技術と経験の差。試合終了のゴングが鳴ると、相手は四つん這いになり、立ち上がれない。勝者は泣き顔を浮かべる敗者を抱き上げ、何度も背中を叩いて労った。

 ジャッジ3人が49-43をつける3-0の完勝。「大沢の壁が高いと思わせる試合ができた」。挑発は試合を盛り上げるためだったのかもしれないが、受けた側の心中は穏やかではなかった。

「20歳を超えた大人なら礼儀なり、リスペクトの気持ちを持って話したらいい。怒りはあったけど、リングの上で礼儀なり、いろんな教育ができたと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集