[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“二世アスリート”が背負う宿命 偉大な父親への敬意と「比較はナンセンス」の本音

シャビ・アロンソが父から継承したもの

「父が現役時代のことは、子供だったので朧気にしか覚えていないよ。だから『父がサッカー選手だよね』と言われても困る(苦笑)。たしかにポジションもセンターハーフのようなポジションで、同じなので比較されることは多いけどね。父が付けていた背番号4には特別な憧れを感じるし、実際にその背番号を付けていたけど、できれば父と比較されるのではなく、自分は自分でいたい。父からプレーのことで何か指導されることもほとんどなかった。そもそも20年前も、昔の父の現役時代とは環境が違いすぎて、比較はナンセンスだと思うし」

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 幼い頃、シャビ・アロンソは周りに「父のようになれ」と言われて、反発することも少なくなかったという。尊敬はしていたが、比較は煩わしい。父と子は、微妙な間柄だ。

「あの頑固さは親父譲り。プレーヤーとしてはどうか分からないが、一徹な性格は瓜二つだ」

 周囲の人々はそう語っていたが、父が息子に伝えたのはアスリートとしての遺伝子ではなく、その気風だったか。

「いつか父を超えたいと思ってやってきた。それも事実だよ」

 リバプール、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘン、そしてスペイン代表であらゆるタイトルを勝ち取ったシャビ・アロンソの言葉である。

(小宮 良之 / Yoshiyuki Komiya)

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集