[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スペイン育成年代にもある“毒親”問題 「サッカーパパ」がすべきでない5つの行動とは

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回のテーマは、万国共通とも言える子供の将来に期待する親の姿だ。スペインの育成年代でも、そうした光景は日常茶飯事のようで、子供のサッカーを応援する“パパ”には5つのタイプが見られるという。毒親にならないための条件とともに紹介する。

モウリーニョ監督の攻撃的な言動は数々の栄冠を手にした名将だからこそ。その姿を真似る父親はスペインで好ましく思われていないようだ【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督の攻撃的な言動は数々の栄冠を手にした名将だからこそ。その姿を真似る父親はスペインで好ましく思われていないようだ【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:子供の才能を信じ過ぎる父親の姿

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回のテーマは、万国共通とも言える子供の将来に期待する親の姿だ。スペインの育成年代でも、そうした光景は日常茶飯事のようで、子供のサッカーを応援する“パパ”には5つのタイプが見られるという。毒親にならないための条件とともに紹介する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 子供に対する親の期待は、他人には計り知れない。

 少し昔の話、出版関係者のある男性が、「自分の息子はプロサッカー選手に必ずなれます。法則を見つけました!」と鼻息荒く捲し立てた。仕事に関しては冷静で、論理的に厳しく考えて決断ができる人物だが、息子の未来については熱く感情的で、やや甘かった。彼はとにかく自信満々で、自らも高校サッカーの名門校出身らしく“血統”も信じていたのか。サッカー界のコネも生かし、様々な情報を収集し、息子のためにできる限りの準備をしていたが……。

 苦笑いを浮かべるしかなかったのを覚えている。「そんな甘い世界ではない」と切り捨てるのは失礼だし、かといって、勇気づけるようなものでもない。実際は見たことがないわけだし、目の中に入れても痛くない存在なのだから、心証を悪くしたくもなかった。

 世界最高峰のスペインサッカー育成界でも、父親が息子の「才能を信じ過ぎる」のは問題になっている。

「なぜ我が子がレギュラーじゃないのか?」

 父親が指導者に詰め寄ると、母親以上に問題が複雑化する。説明が少しでも足りないと、「指導者に問題がある」と息巻き、他の親たちも取り込んで解任を叫ぶ。多くの場合、こうした行為はネガティブな結果しか生まない。子供が悪い立場になってしまい、チームに良くないムードが流れる。なんらかの変化が不可欠な場合もあるのだが……。

 では、どんな父親がサッカー少年にとってベストなのか?

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集