[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

関西人の気質はアタッカー向き? スペインの育成が示唆する“サッカーと地域”の関係性

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はスペインのバスク地方を例に、地域の風土や伝統がサッカー選手の育成にどんな影響を与えているかについて考察する。

堂安律ら関西出身の才気煥発なアタッカーは、歴代の日本代表でも存在感を示してきた【写真:Getty Images】
堂安律ら関西出身の才気煥発なアタッカーは、歴代の日本代表でも存在感を示してきた【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:バスク地方に根付く有能なGK輩出の伝統

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はスペインのバスク地方を例に、地域の風土や伝統がサッカー選手の育成にどんな影響を与えているかについて考察する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

<地域がサッカー選手を育てる>

 土地、土壌が持つ力は大きい。1人の指導者の影響など遥かに凌駕している。そこに暮らす人々の気質だけでなく、肉体的素質にも根差したものだ。

 スペイン、バスク自治州の名門アスレティック・ビルバオ、古豪レアル・ソシエダは、伝統的に空中戦や球際での激しいやりとりに興じるところがある。そのため、かつては敢闘精神や体格を重んじ、スカウト基準に入れていた。小柄な選手は、遺伝的に落第になるほどだった。

 バスクはスペインの他の地域よりも断然、身長や骨格が大きい。民族的な特徴からサッカースタイルを選択したと言えるだろう。

「闘争」

 それがバスク人のアイデンティティにある。イベリア半島がローマ帝国やイスラム帝国に侵略を受けた時代も、彼らは独立を守った。時に山岳ゲリラとして戦った彼らは、自ずと戦闘的思考を熟成してきた。その闘争の中身は本来、過激なものではなく(フランコ独裁時代には過激テロが横行した時代もあった)、質実剛健さ、規律、粘り強さのようなもので、誇り高さが基礎だ。

 サッカーでも肉体がぶつかり合うプレースタイルを求め、戦士のような選手が尊ばれるようになったのは必然だった。ファイティングスピリットを全開にしたフィジカルサッカーを極めた。1980年代にはアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダの2強が、それぞれリーガ・エスパニョーラを連覇したほどだ。

 その気質は、守備的ポジションの選手には好都合だったのだろう。一つの成果として、ゴールキーパー(GK)の宝庫となっている。アスレティック・ビルバオはホセ・アンヘル・イリバル、アンドニ・スビサレータ、レアル・ソシエダはイグナシオ・エイサギーレ、ルイス・アルコナーダなどスペイン代表としてワールドカップのピッチに立った伝説的GKを生み出してきた。歴代スペイン代表GKのキャップ数はバスク人が半数を超えるほどだ。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集