[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠と双璧をなす早田ひな 東京五輪落選から世界5位に、その裏にある強烈な探求心【世界卓球】

探求の道はどこまでも続く「終わらない。誰かに止めてもらうしか(笑)」

 今では笑えるエピソード。そんな性格だから、卓球で積み重ねたものを一度ゼロに壊すことも恐れない。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「みんなに言われるんですけど、怖くないんですよね。岡先生という体の使い方をわかってる人だからこそ信頼できる。それをやったら100%よくなる。毎日の積み重ねかもしれないですけど、会話の中によくなってきた過程があると思います。

 失敗したら戻せばいい。今の状態がやりにくいから、よくなるのなら変えた方がいいという考えです。自分を最大のところまで突き詰めていく気持ちの方が強い。やりにくいものがあると、最後に自信を持ってできない。自信が持てるまで作り上げていく方が自分にとっては大事。だから、基本的に挑戦していくことに怖さはないかなって。だから、毎日が楽しみです」

 理想はテニス界の皇帝ロジャー・フェデラー(スイス)。プレー中の写真は、どのシーンも綺麗に写る。顔がブレず、体の軸がしっかりしている完璧な姿勢だ。

「全部のプレーが綺麗で美しいと思われたら、それでいいんじゃないかなとは思います。でも、そう思われても、私の中では課題を感じていると思うので終わりはないのかな。こういうプレースタイルだからこそ時間はかかるんですけど、できた時の達成感は大きいです。できた時は、一本一本が世界に通用するボールになってくる。理想とする卓球に近づけるように頑張っていきたい。でも、たぶん終わりはないので、誰かに止めてもらうしかないです(笑)」

 理想を追求する過程で迎える世界卓球。前回18年の団体戦は主にリザーブとなり、出番が少なかった。若返った日本卓球は新時代を迎える。中国も警戒感を高めているはずだ。

「1、2番手で絶対に勝たなきゃいけないポジションになってくる。『早田を出せば勝てる』という信頼性を持ってもらえるような結果を出していきたいです。みんなにプレッシャーの少ない状態で試合に出てもらうのが自分の役割。中国の壁は厚いと感じています。でも、団体戦は勢いで勝つこともできるので、実力+爆発力が必要。それも安定した爆発力を出せるように、もっともっと練習していかなきゃいけない」

 3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルへ。「やることはいっぱいだな」。強烈な探求の道に、「団体戦女王」の肩書きを添えてみせる。

(最終回は張本智和が登場)

 ◆世界卓球 9月30日からグループリーグが行われ、上位16の国と地域が10月5日からの決勝トーナメントに進出。テレビ東京系&BSテレ東で連日放送。中継キャッチフレーズは「新時代の、目撃者になる。」

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集