[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠と双璧をなす早田ひな 東京五輪落選から世界5位に、その裏にある強烈な探求心【世界卓球】

目標設定にも工夫「東京五輪から全ての技術が変わっている」

 いきなり24年パリ五輪を見ているわけではない。卓球は各大会にはポイントが定められ、五輪選考レースに繋がっていく。練習でやったことを“試す”大会はなく、どれも大事。大会ごとに「これをできるようになっておこう」と目標設定を工夫し、一つひとつ階段を上ってきた。その先に五輪がある。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「これができるようになったら、もうちょっと変わりそうだなぁ」「誰とどれくらい競れるようになるんやろ」

 そんな成長をイメージするのが日課。中でも練習で大切するのが「同じ反省を繰り返さない」ことだ。

「今は体や癖を治す部分が多いけど、それが変わるだけでも卓球自体が変わってくる。その反省を絶対に繰り返さないように、その日のうちに岡先生(トレーナー)とかと話し合って、次の課題に取り組んでいく。試合の結果よりも、自分ができるようになりたいという気持ちが強いです。

 練習ではその時できなくてもめげずに頑張っています。(東京五輪から)全ての技術が変わっているかなって。基本のバックハンド、フォアハンド、ブロックも全部が変わっている。それを少しずついい方向に変えていくのが今の課題。次の試合に間に合わせるために、何かを変えて次の試合に臨む。それが一つずつ経験になって、最終的に自分が一番力を出したいところで120%の力が出せたらいいなと思っています」

 小さい頃から怖いもの知らずだった。2、3歳の時、浮き輪をつけて遊んでいたプールでのこと。足がつかないのに「浮き輪を外して」と母親に求めた。もちろん止められたが、休憩でプールサイドに上がった後、誰も見ていないところで飛び込もうとした。「ブワーって走って飛び込もうとしていたらしいです」。当時と性格は変わらない。

 普段、全く飲酒しないが、成人後に初めてビールを飲んだ時もそうだった。

「最初はお父さんと飲んだ方がいいと思って、初ビールで乾杯しました。ビールを飲むイメージって、お父さんが飲むイメージしかない。ブワーっていくじゃないですか。私も同じようにしたら、お母さんに『何やってんの!』って全力で止められて。隣で大焦り。『こうやって飲むもんじゃないの?』って。世間ではそれが普通だと思っていました。それが初ビールの思い出」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集