[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカー選手と「エゴ」の強さ “劇場的成功型”の本田圭佑、バルサ去った逸材との違い

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はサッカー選手と「エゴ」の強さについて、FCバルセロナを去ったギニア代表MFイライシュ・モリバと、日本代表で長年活躍した本田圭佑を例に、その善し悪しについて説いている。

日本代表で長年活躍した本田圭佑を例に見る、サッカー選手と「エゴ」について【写真:Getty Images】
日本代表で長年活躍した本田圭佑を例に見る、サッカー選手と「エゴ」について【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:評価を下げたモリバの移籍劇

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はサッカー選手と「エゴ」の強さについて、FCバルセロナを去ったギニア代表MFイライシュ・モリバと、日本代表で長年活躍した本田圭佑を例に、その善し悪しについて説いている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 プロサッカー選手は合理的に生きるべきか?

 プロの世界は容赦がない。自らが生き残るために要領の良さが求められる時はあるし、飛躍のためにはしがらみを振り払ってでも前に進むべき時はある。優しすぎる選手には過酷な世界だ。

 しかし、合理性に利己主義を滲ませた瞬間、その選手は苦しむ。

 言うまでもないが、サッカーは集団スポーツである。つまり、1人ひとりがつながってグループとなり、1つのチームを形成している。独善的で、独りよがりな選手というのは信頼を得られず、孤立することになるだろう。

 自分の欲望だけに突っ走ったら、活躍も成長も望めない。

 昨年まで「次世代を担う」と注目を集めていたギニア代表MFイライシュ・モリバだが、今や「期待の若手」の1人に格下げとなっている。

 モリバはFCバルセロナの下部組織ラ・マシアで育ち、18歳で鮮やかなトップデビューを果たしている。身長185センチと体格に恵まれ、アフリカ人選手特有のパワー、バルサで鍛えた戦術やテクニックを併せ持って、「ポグバ二世」と異名を取った。2021-22シーズンの開幕に向けては、主力候補に名前が挙がっていた。

 ところがモリバは契約更新を拒み、より良い条件を求め、さっさと移籍を決めてしまった。

 自分の利益を優先した行動で、その節操のなさはモリバの評価を著しく下げた。18歳まで育ててくれた恩義あるクラブを、あっさり袖に振る。その生き方は、現場では不信感となる。「裏切り者」「非道」とは言わないまでも、「日和見主義」「金で動く選手」というレッテルが張られてしまった。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集