[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“SNS禁止”で全米女子OP出場決定 名コーチが「早く世に出したい」とまで語る25歳の素顔

全米女子オープンゴルフの日本予選会が25日、千葉・房総CC房総ゴルフ場(東コース6533ヤード、西コース6413ヤード)で開催された。計163人(プロ105人、アマ58人)が出場し、東西コースの計36ホールをプレー。濱田茉優、識西諭里、高木優奈、早川夏未、アマチュアの馬場咲希と伊藤二花の上位6人が出場権を手にした。25歳でプロテスト未合格の識西は、通算8アンダーで2位。今年、テスト合格とは別に設定した目標を見事に達成した。井上透コーチが「早く世に出したい」と願う実力者の素顔に迫った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

井上透コーチ(左)と全米女子オープン出場権獲得を喜ぶ識西諭里【写真:本人提供】
井上透コーチ(左)と全米女子オープン出場権獲得を喜ぶ識西諭里【写真:本人提供】

全米女子OP日本予選会を2位突破した識西諭里

 全米女子オープンゴルフの日本予選会が25日、千葉・房総CC房総ゴルフ場(東コース6533ヤード、西コース6413ヤード)で開催された。計163人(プロ105人、アマ58人)が出場し、東西コースの計36ホールをプレー。濱田茉優、識西諭里、高木優奈、早川夏未、アマチュアの馬場咲希と伊藤二花の上位6人が出場権を手にした。25歳でプロテスト未合格の識西は、通算8アンダーで2位。今年、テスト合格とは別に設定した目標を見事に達成した。井上透コーチが「早く世に出したい」と願う実力者の素顔に迫った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 識西はホールアウト後、淡々とプレーを振り返った。「冷静に集中を切らさずに36ホールを回れたことは、すごく良かったなと思いました。ピンチの場面でもパーパットを決めることができました」。だが、表彰式後にあらためて話を聞くと、「実は泣きそうになっていました」と明かした。

「今年、最初の目標が全米女子オープン予選会の通過だったので、それを達成できたことが何よりうれしくて……」

 大山志保、渡邉彩香、臼井麗香らツアーのシード選手も出場する中、67、69。1位の濱田茉優に1打差の2位で、ボギーは2つのみだった。

 福岡県出身の識西は10歳でゴルフを始め、福岡第一高時代は全国高校選手権3位、福岡県アマチュアゴルフ選手権優勝と実績をあげた。卒業後からプロテストを受け、過去6度で4度は最終に進出。19年のテスト後からは、成田美寿々、穴井詩ら有名プロも指導する井上コーチに師事し、実力を上げてきた。

 コロナ禍で延期され、昨年6月に開催された20年度最終プロテスト前は「必ず通ります。そのために日々、念じています」と話していたが、思いは届かなかった。その後、日本女子オープン予選会を突破し、本戦でも予選を通過。良い流れで受けた同11月開催の21年度最終プロテストは、最終日に80を打って不合格となった。「テスト(でのプレー)が下手過ぎます」。1年後へのモチベ―ションを保つのが難しい状態になった。

 そして、年が明けて識西は3つの目標を立てた。4月開催の全米女子オープン予選会突破、6月開催の日本女子オープン予選会突破、10月、11月開催のプロテスト合格だ。

「正直、ここまでプロテストのことは考えず、今日の予選会に向けて調整してきました。ショットは飛ばすことよりも安定を重視し、アプローチもさまざまな状況を想定して練習してきました。今日の最終ホールは、グリーン奥から軽いロブショットで下り傾斜の中、ボールをピンに寄せることができました。練習ラウンドは1回でしたが、結果を強く求めた予選会で目標を達成できたことは大きいですし、うれしいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集