[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「型破り人生」からの公立中学サッカー部指導 浦和の名伯楽はなぜ40歳で教師の道に?

さいたま市立南浦和中学校の神立朋次さん(56歳)は英語科教諭であり、サッカー部監督でもあるが、教職に就くまでの道のりは普通の教員とは一線を画し、ずいぶんと回り道をしている。40歳でこの道に入ると、独自の手法で赴任した先々のサッカー部を強化したばかりか、学校生活あっての部活動という強い信念を貫いてきた。

南浦和中サッカー部を率いる神立朋次さん。公立中を着実に強化する手腕は見事だ【写真:河野正】
南浦和中サッカー部を率いる神立朋次さん。公立中を着実に強化する手腕は見事だ【写真:河野正】

南浦和中サッカー部・神立朋次監督インタビュー前編、武南高を卒業後に英国留学

 さいたま市立南浦和中学校の神立朋次さん(56歳)は英語科教諭であり、サッカー部監督でもあるが、教職に就くまでの道のりは普通の教員とは一線を画し、ずいぶんと回り道をしている。40歳でこの道に入ると、独自の手法で赴任した先々のサッカー部を強化したばかりか、学校生活あっての部活動という強い信念を貫いてきた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 2016年に着任した南浦和中でも独自の指導法で個を磨くと、チームとして結果を残し、20年11月の高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権関東大会に、唯一の中体連チームとして出場している。公立中学を率いて、毎年好チームを作り上げる見事な手腕に注目が集まるなか、前編では風変わりな経歴を持つ中学教師が誕生するまでの足跡を辿った。(取材・文=河野 正)

 ◇ ◇ ◇

 サッカーの町・浦和市(現・さいたま市)で生まれ育った生粋の“浦和っ子”である。

 全日本少年サッカー大会(現・全日本U-12サッカー選手権)は、神立さんが小学6年生の1977年に第1回大会が開催され、浦和市に隣接する与野市(現・さいたま市)の下落合サッカースポーツ少年団が、清水FC(静岡)と初代王者を分け合った。この年の同じ8月には、浦和本太中が全国中学校サッカー大会で2度目の栄冠に輝く。

 68年に創設された老舗の少年団、浦和岸町サッカースポーツ少年団に所属していた神立さんにとって、身近な2つのチームの日本一は、とても刺激的な出来事だった。

 埼玉県サッカー協会副会長を務めた池田久さんが指揮を執ったこともある浦和白幡中では、2学年下に岸町少年団からの僚友・田北雄気がいた。浦和レッズ時代の96年、Jリーグ4年目にしてGKによる初ゴールを記録したキックの名手だ。

 高校は勢力を拡大させていた武南に進み、1年生の時の第60回全国高校サッカー選手権では2度目の出場で初優勝を遂げた。当人は、数えるほどしか公式戦出場はなかったが、大山照人監督の指導力と人間的な魅力に深い感銘を受け、3年間やり切った。

 神立さんの遍歴が異彩を放つのは高校卒業後。ここからの約20年が、なんとも奇想天外な生き様なのだ。

 大学や専門学校に進む型通りの進路に違和感を覚え、英国留学を断行する。「普通じゃつまらないと思いましてね、あの頃は。人と違うことをやるのが好きで、あまり深く考えずにロンドンに行っちゃいました。人生の武者修行というやつですかね」と笑う。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集