[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

来日12年、30歳で初優勝のサイ・ペイイン 一番しんどい時に救った日本人プロの言葉

女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス最終日が13日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われ、5位から出た台湾出身のサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)が、逆転でツアー初優勝を飾った。7バーディー、ボギーなしの65で通算13アンダー。2試合連続優勝を狙った西郷真央(島津製作所)ら4人を1打差で制した。2011年から日本でプレーする30歳は、若手が席けんするツアーの中で、「勢いが続くのは2、3年。ゴルフは徐々に良くなる方がいい」と胸を張った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ツアー初優勝を果たしたサイ・ペイインを支えた言葉とは【写真:Getty Images】
ツアー初優勝を果たしたサイ・ペイインを支えた言葉とは【写真:Getty Images】

今季ツアー第2戦・明治安田生命レディス最終日

 女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス最終日が13日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われ、5位から出た台湾出身のサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)が、逆転でツアー初優勝を飾った。7バーディー、ボギーなしの65で通算13アンダー。2試合連続優勝を狙った西郷真央(島津製作所)ら4人を1打差で制した。2011年から日本でプレーする30歳は、若手が席けんするツアーの中で、「勢いが続くのは2、3年。ゴルフは徐々に良くなる方がいい」と胸を張った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 先にホールアウトしてサイは、プレーオフに備えてパッティング練習に集中していた。「そんなに簡単には勝てないと思っていました」。そして、優勝決定を知らされると、「ホントですか」とリアクション。目に涙はなく、「興奮する方が大きいです。日本に来て12年。一番悪いところから上がってきたので、(努力は)無駄ではなかったと思います」と片言の日本語で喜びを口にした。

 台湾出身の30歳。日本では2011年からプレーしているが、苦労続きだった。13年はツアー出場を果たせず、15年は1試合出場で賞金0円。16年に賞金ランク44位でシードをつかむも、18年は64位、19年は131位と再び低迷した。しかし、20-21年統合シーズンで36位に。今季は5年ぶりにシード選手の立場になっていた。そして、2戦目で悲願を達成した。

「日本に来た最初の年は、一番しんどかったです。言葉も分からないし、プロアマのルールも分からなかった。そして、自分の技術が通じないことも知りました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集