[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

来日12年、30歳で初優勝のサイ・ペイイン 一番しんどい時に救った日本人プロの言葉

サイの支えになった島袋美幸の言葉「ゴルフは長く続ける方がいいよ」

 苦しい中で手を差し伸べたのは、ベテランプロでツアー5勝の島袋美幸だった。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「島袋さんは結果のことは言わなくて、ボギーを打った原因を徹底的に聞いてきました。そして、それを次の日まで残さない。結果よりも、ゴルフの内容を追求していくから、私も段々と楽しくなりました」

 一方でツアーでは、20歳前後の若手が上位を席けんするようになった。シード権を失う20代後半、30代のプロも多い中でも、サイは島袋からの言葉を胸に努力を重ねていた。

「『ゴルフは長く続ける方がいいよ』と言われてきました。若い人たちは、私がその年の頃よりも全然、上手だと思います。でも、ゴルフは奥が深い。(若手の)勢いは2、3年は持つかもしれないけれど、経験を重ねていくとミスの数も増えるし、いい状況は長く続かないかもしれない。良くなってすごく悪くなるのも、気持ちがしんどい。だから、私はちょっとずつ上がっていった方がいいと思います」

「勢い」ではなく、ゴルフの奥深さを知って勝利を手にしたことで、サイは「まだまだゴルフを磨いていきたくて、世界レベルになりたいです。賞金はそのために貯金します」と言った。伸びしろのある30歳。今後のツアーで目の離せない存在になりそうだ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集