[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今なおフィギュア界で燻る誹謗中傷問題 「病気を使った売名」と罵られた鈴木明子の願い

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。五輪2大会に出場し、「THE ANSWER スペシャリスト」を務める鈴木明子さんは大会佳境を迎えた今だから伝えたい、未来への3つの提言を行う。

米国生まれのフィギュアスケート中国代表ジュ・イーが中国国内から過剰なバッシングを受け、日本でも話題に【写真:AP】
米国生まれのフィギュアスケート中国代表ジュ・イーが中国国内から過剰なバッシングを受け、日本でも話題に【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#98 “フィギュア界のこれから”へ3つの提言

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。五輪2大会に出場し、「THE ANSWER スペシャリスト」を務める鈴木明子さんは大会佳境を迎えた今だから伝えたい、未来への3つの提言を行う。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 第3回は「フィギュア界の誹謗中傷問題」。昨夏の東京五輪でSNSの誹謗中傷が各国で表面化。日本人選手も声を上げ、社会問題に。北京五輪前にはスポーツ庁の室伏広治長官が心ない投稿の抑止を求める異例の呼びかけも行った。しかし、米国生まれのフィギュアスケート中国代表ジュ・イー(朱易)がミスが続いた団体戦で、中国国内の過剰なバッシングが日本でも話題に。現役時代は誹謗中傷が書かれた手紙が届いたこともある鈴木さん。女子のトップ層には10代も多いフィギュア選手を守るために求められることを語った。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 東京五輪以降、アスリートへの誹謗中傷が社会問題になりました。私も現役時代、心ない手紙をもらったことがあります。

 20代で競技続行か現役引退か悩んでいた頃、便箋4枚にも5枚にもわたって「おまえなんて早く引退しろ」という言葉が続くもの。また、摂食障害から復帰して競技をしていたことがメディアから発信されると「病気を使った売名行為だ」と言われたこともあります。そういう時は母やコーチに率直に苦しい気持ちを伝え、周りが明るく笑い飛ばしてくれたことで気持ちが楽になりました。

 一方で、私はいつも周りの選手たちがすごく強く、自信を持っているように見え、「なんで私はこんなに弱いんだろう」と常に不安を持って競技を続けていました。引退を決めていた2014年ソチ五輪のシーズン、オリンピックの舞台がかかっていたプレッシャーもあり、めまいや不眠の症状が出始め、私は引退するその日まで精神安定剤を服用しながら、競技を続けていました。

 五輪を目指し、戦うプレッシャーというのはそれくらい大きい。当時、選手間で誹謗中傷などの問題を話すことはありませんでしたが、4年に一度しかない五輪だからこそ注目度は大きくなるもの。

 2010年に初めて出場したバンクーバー五輪では、金メダル候補だった浅田真央選手とキム・ヨナ選手(韓国)がクローズアップされました。けれど、2人のライバル関係と、国と国の関係を一緒にしてしまったかのように、メディアもファンも捉えていると感じる部分がありました。本人たち同士は仲が悪いなんてことは全くないのに。とても怖さを感じたことを覚えています。

 私自身は五輪に出て、メダルを獲ることはできませんでしたが、厳しい声より温かい声に触れることが多かった。特に、バンクーバー五輪は帰国後に「私のこと、こんなに知ってくれた人がいるんだ」と驚いたくらい。選手たちもそうした人たちがいることを知ってほしいです。

1 2 3

鈴木 明子

THE ANSWERスペシャリスト プロフィギュアスケーター

1985年3月28日生まれ。愛知県出身。6歳からスケートを始め、00年に15歳で初出場した全日本選手権で4位に入り、脚光を浴びる。東北福祉大入学後に摂食障害を患い、03-04年シーズンは休養。翌シーズンに復帰後は09年全日本選手権2位となり、24歳で初の表彰台。10年バンクーバー五輪8位入賞。以降、12年世界選手権3位、13年全日本選手権優勝などの実績を残し、14年ソチ五輪で2大会連続8位入賞。同年の世界選手権を最後に29歳で現役引退した。現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する傍ら、全国で講演活動も行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集