[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本フィギュア界が抱えるリンク減少問題 競技人生で4つ本拠地を失った鈴木明子の提言

生涯スポーツとしてフィギュアスケートがブームに

 日本のリンクでは一般利用の客足が落ちる中、「大人のスケート教室」に流行りの兆しがあり、人数が増えています。テレビで見ていたフィギュアスケートのファンの方たちが「自分も滑ってみたい、滑るなら週に1回でも」と。本当に、皆さん一生懸命にやられています。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 大人からすれば趣味のひとつかもしれませんが、子供たちと根っこは同じ。大人になって“できないことが、できるようになる”という喜びはもちろん、体の軸をしっかりさせるためにもうちょっと陸でトレーニングしてみようかなと思うようになれば、健康の観点からも良いこと。スケートは子供が小さいうちに習うものという感覚から、生涯スポーツとしての習い事のスケートがもっとブームになってほしい。

 大人たちがスケートを楽しむにしても、実際に試合に出るとなると、現実的ではありません。でも、前述のデトロイトでは地域の方を集めた発表会の場があり、趣味からさらにモチベーションも上がっていく。こうした試みも、日本が参考になるひとつかもしれません。

 今大会も94年ぶりとなる五輪3連覇を目指した羽生結弦選手などが注目され、大いに盛り上がりました。しかし、このブームを一過性のもので終わらせないためには今、未来について考えることであり、そのひとつに「スケートリンク減少問題」は存在しています。

 まずは、こうした問題があることを多くの方に知ってもらうこと。それが、フィギュア界にとって大切な第一歩だと思います。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3

鈴木 明子

THE ANSWERスペシャリスト プロフィギュアスケーター

1985年3月28日生まれ。愛知県出身。6歳からスケートを始め、00年に15歳で初出場した全日本選手権で4位に入り、脚光を浴びる。東北福祉大入学後に摂食障害を患い、03-04年シーズンは休養。翌シーズンに復帰後は09年全日本選手権2位となり、24歳で初の表彰台。10年バンクーバー五輪8位入賞。以降、12年世界選手権3位、13年全日本選手権優勝などの実績を残し、14年ソチ五輪で2大会連続8位入賞。同年の世界選手権を最後に29歳で現役引退した。現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する傍ら、全国で講演活動も行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集