[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、銅メダル後の樋口新葉との抱擁に海外ファンまで感動「真のチームメートね」

北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの153.29点、合計233.13点で銅メダルを獲得した。日本女子のメダルは、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来4人目の快挙。順位確定後には5位入賞を果たした樋口新葉(明大/ノエビア)と熱烈なハグを交わす感動的なシーンがあった。

銅メダルを獲得した坂本花織【写真:AP】
銅メダルを獲得した坂本花織【写真:AP】

セレモニー後にリンクサイドで同級生の2人がハグ

 北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの153.29点、合計233.13点で銅メダルを獲得した。日本女子のメダルは、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来4人目の快挙。順位確定後には5位入賞を果たした樋口新葉(明大/ノエビア)と熱烈なハグを交わす感動的なシーンがあった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 こんな瞬間を、日本のファンは待っていた。セレモニー後、銅メダルとなった坂本は5位入賞の樋口とリンクサイドで熱く抱擁。同い年で良きライバル、良き盟友として長く競い合った日本の2人が五輪という舞台で、最高の瞬間を迎えた。

 中継にも映され、感動を呼んだシーンは海外でも反響を呼んだ。米国の名物フィギュア記者として知られ、国際大会などで2人を取材してきたジャッキー・ウォン氏は、プレス席から撮影したとみられる抱擁シーンをインスタグラムに掲載。「セレモニーの後、ワカバ・ヒグチとカオリ・サカモトが大きなハグ。待ち構えていた」と紹介した。

 海外ファンも「これ最高!」「美しい」「良い写真だ」「これぞ貴いオリンピックモーメント」「真のチームメートね」「素晴らしい瞬間」などの声を上げ、感動を共有した様子。個人戦ではあるが、同じ国の選手が全力で戦い抜き、生まれたシーンは女子フリーのハイライトの一つになった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集