[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中村憲剛×石川直宏対談 Jリーグ開幕戦の楽しみ方は「新加入選手と監督のサッカー」

2022シーズンのJ1リーグがいよいよ幕を開ける。スポーツチャンネル「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で行っているJ1開幕特集。“金J”として1日だけ早く開幕する、川崎フロンターレとFC東京のOBである中村憲剛氏と石川直宏氏の対談が「THE ANSWER」で実現。開幕戦の位置づけや思い出、開幕戦の楽しみ方について語ってもらった。(取材日:2月5日)

川崎フロンターレとFC東京のOBである中村憲剛氏(左)と石川直宏氏開幕戦の位置づけや思い出、開幕戦の楽しみ方について語る【写真:F.C.TOKYO提供】
川崎フロンターレとFC東京のOBである中村憲剛氏(左)と石川直宏氏開幕戦の位置づけや思い出、開幕戦の楽しみ方について語る【写真:F.C.TOKYO提供】

【DAZN金J特集】両極端な05年開幕戦の思い出、中村氏は発熱も石川氏は全得点に絡む活躍

 2022シーズンのJ1リーグがいよいよ幕を開ける。スポーツチャンネル「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で行っているJ1開幕特集。“金J”として1日だけ早く開幕する、川崎フロンターレとFC東京のOBである中村憲剛氏と石川直宏氏の対談が「THE ANSWER」で実現。開幕戦の位置づけや思い出、開幕戦の楽しみ方について語ってもらった。(取材日:2月5日)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

――突然ですが、お二人の現役時代の開幕戦の思い出で忘れられないエピソードを教えてください。

中村「忘れもしません、2005年の開幕戦。僕は2003年に川崎フロンターレに加入して、翌年にJ2で優勝して、2005年にJ1リーグに初挑戦しました。その開幕戦が日立台(アウェイ)での柏レイソル戦ということで、気合満点で明日の開幕戦に臨むつもりでしたが、前泊したその日の夜になんと発熱してしまい泣く泣く開幕戦を欠場(苦笑)。ただ、1週間後にホーム開幕戦の浦和レッズ戦があったので、急ピッチでそこに間に合わせようと思ったら、今度はなんとぎっくり腰になってしまい、結局レッズ戦も欠場(泣)。J1初挑戦にも関わらず最初の2戦に欠場……。それ以来昔からのサポーターの方たちには『憲剛は大事なときに熱を出す』というキャラクターが定着してしまいました(笑)。なので、そこから開幕戦はちょっとマイナスイメージといいますか、毎年のように開幕戦の前日はビクビクしていましたね。体調悪くなったらどうしようって(苦笑)」

石川「それ以降は大丈夫だったんですか?」

中村「一度、怪しかったときがあったけど、気合いで乗り切って、黙って出場したことがある(苦笑)」

石川「それはすごい(笑)。どうだったんですか?」

中村「アシストしたのよ。それ以降、開幕戦のトラウマは克服した気がした(苦笑)」

石川「僕は、欠場はないなあ。実は、FC東京って開幕戦に結構強いんですよ。最近は分からないですけど(苦笑)」

中村「2019年の開幕戦は“多摩川クラシコ”だったんだよ。0-0の試合」

石川「あ、そうだ。(久保)建英がいたときだ」

中村「そうそう。彼のFKがポストに当たってね」

石川「僕もその試合、等々力(陸上競技場)に行っていたよ。現役時代の話で言うと、開幕戦はホームゲームが多かったんですけど、アルビレックス新潟と対戦した2005年の開幕戦は4-0で勝ったんですよ」

中村「2005年が思い出の年ということは、俺と一緒の年だね」

石川「その年は結構調子も良くて、開始11分でゴールして、4得点中4得点に絡みました」

中村「え? すごい」

石川「開幕ってそこから『よし、行こうぜ』って右肩上がりに上がっていけるので、すごく大事なんです。でもその年は、スタートは良かったんですけど、その後、残留争いをしたシーズンだったというね(苦笑)」

中村「あらら……」

石川「そもそも2005年は絶好調でスタートしたのに、その年に前十字じん帯損傷の大ケガをしてしまって。そんな苦い開幕戦の思い出があります」

中村「絶好調だと逆に魔が差すみたいなことがあるよね……。人にもよるけど、自分のなかではいつも準備万端にしたつもりで開幕戦を迎えようとするタイプで、強がりでもなく、ワクワクとドキドキがありました。ただ本当のワクワクとドキドキが同居するのは、開幕戦の前夜だけなんですよね。今思うと、開幕戦は前日も含めて独特な空気感があったなあと感じています。開幕戦のことを『あくまで34試合のうちの1試合でしかない』と表現する人もいますけど、僕はやっぱりシーズンの始まりとして、独特な試合として捉えていた気がします」

石川「僕も一緒ですね。さっき『右肩上がり』って言いましたけど、やはり最初の印象というのもそうですけど、次第にイメージも変わってきます。何より自分がその感覚で、今年1年をやっていくんだみたいな指標になるので、開幕戦は特別な試合だったと思いますね」

中村「それにみんながシーズンの開幕を待っているしね!」

石川「そう!」

中村「ファン・サポーターの皆さんはシーズン終了後、2か月ぐらいサッカーから離れているので、早く見たくてウズウズしてるんですよね。だから僕はすごく好きなんですよ。開幕戦の、あの、みんながサッカーシーズンの到来を待ち侘びている期待感のある雰囲気が。ワクワクしながら皆さんがスタジアムに向かって歩いているのを、選手バスから見るのが大好きでしたね」

石川「だって一番ワクワクしますからね、開幕戦は。シーズン中は勝ったとか負けたとか結果に左右されがちだけど、唯一、開幕戦だけは横一線だから」

中村「確かに」

石川「うらやましいですよね」

中村「やっぱり選手の特権ですよ。あれだけ多くのファン・サポーターの前で自分のパフォーマンスを披露できる機会があるっていうのは。当たり前だけど、引退すると本当にその機会がないからなあ。引退するってそういうことなんだろうなっていうのは、昨年の開幕戦を見てすごく感じました。みんなはプレーしているけど、自分はもう別のところで違うことをやっていて。もちろんそれを選んだのは自分自身なんですけど(苦笑)」

石川「でも、これからコーチや監督になって、またその開幕戦を体験するかもしれないですよ」

中村「仮にそうだったとしても、選手のときとはまた別モノなのかなと思う」

1 2
W-ANS-ACADEMY
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集