[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪王者・羽生結弦が裏方に見せる「普通」の顔 14歳から知る日本代表ドクターの証言

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

2008年から代表選手をサポートする土屋明弘さんが羽生結弦の「普通」の人柄について語った【写真:AP】
2008年から代表選手をサポートする土屋明弘さんが羽生結弦の「普通」の人柄について語った【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#39 連載「銀盤のささえびと」第3回・日本代表ドクター後編

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 連載「銀盤のささえびと」では、選手や大会をサポートする職人・関係者を取り上げ、彼らから見たフィギュアスケートの世界にスポットライトを当てる。第3回後編は「日本代表チームドクターが見た羽生結弦」。2008年から代表選手をサポートする千葉・船橋整形外科病院の土屋明弘さん。羽生が14歳の時から「準備」を大切にする姿や、人柄について明かしてくれた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 ファンの悲鳴が響き渡った。14年11月のグランプリ(GP)シリーズ中国・上海大会。フリー直前の6分間練習、羽生は海外選手と激しく衝突した。体はリンクに打ちつけられ、顔の一部から流血。頭にテーピングを巻いて出場し、2位に食い込んでみせた。

 たまたま日本チームにはドクターがいなかった。この時以降、強化部所属ドクターを増やし、GPシリーズには必ず一人は帯同するようになったという。

 08年から日本スケート連盟の医事委員になった土屋さんが、初めて羽生のそばについたのは09年世界ジュニア選手権(ブルガリア)。大会最年少の14歳だった。ドクターの仕事は選手を無事にリンクに立たせること。様子を気遣いながら控室まで一緒に歩いた記憶を思い起こした。

「彼の初めての世界ジュニアです。緊張していましたね。コーチに言われていたのかもしれないですが、しっかり演技の準備をしていました」

 シニアで歴史に名を刻む前の初々しい時代。当時は12位に終わったが、翌年大会で優勝を果たし、満を持してシニアへと羽ばたいていった。

 土屋さんは66歳の今も日本代表のチームドクターを務めている。世界選手権や四大陸選手権などの国際大会は「ほとんど皆勤賞」。ソチ五輪も合宿地のアルメニアに待機して選手たちを支えてきた。

 普段は代表選手たちの薬の相談、怪我の診断などをサポート。大会ではウォーミングアップをする選手に近づきすぎず、離れすぎず、邪魔をしない距離から有事に対応できるよう見守っている。拠点は各地に散らばっているため「羽生選手を普段からずっと見ているわけではないですが」と踏まえた上で、印象を明かす。

「しっかりと準備運動をしています。早く来てやっていたり。私が同行し始めた頃は少し準備が足りない選手もいましたが、羽生選手はやっていましたね。ルーティンが決まっているのだと思います。自分の体をわかっている。ストイックな感じがします。いろいろと自分で気をつけているのでしょう」

 今でも変わらない。セルフケアができるアスリートだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集