[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遠藤保仁はなぜ動じないのか W杯最終予選の重圧すら楽しむ「平常心」の保ち方

プロ24年目、日本代表歴代最多となる国際Aマッチ152試合出場を誇るMF遠藤保仁は、これまで数々の緊迫した状況でピッチに立ち、時に悔しさを味わいながらも数々の栄冠を手にしてきた。41歳の名手は、これまでどんな思いで重要な一戦に臨んできたのか。日本代表の一員として臨んだワールドカップ(W杯)アジア最終予選での経験について語った。

遠藤保仁は日本代表としてどのように試合に臨んできたのか(写真は2012年)【写真:Getty Images】
遠藤保仁は日本代表としてどのように試合に臨んできたのか(写真は2012年)【写真:Getty Images】

数々の大一番を経験、41歳の名手は結果に「一喜一憂しない」

 プロ24年目、日本代表歴代最多となる国際Aマッチ152試合出場を誇るMF遠藤保仁は、これまで数々の緊迫した状況でピッチに立ち、時に悔しさを味わいながらも数々の栄冠を手にしてきた。41歳の名手は、これまでどんな思いで重要な一戦に臨んできたのか。日本代表の一員として臨んだワールドカップ(W杯)アジア最終予選での経験について語った。(取材・文=佐藤 俊)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 今シーズン、ジュビロ磐田は、連敗が1度しかない。

 J2リーグ開幕戦のFC琉球戦(0-1)と第2節のFC町田ゼルビア戦(1-3)だけだ。スタート直後の連敗は、これからという時だけにダメージは少なくないが、なんとか盛り返して首位を走りJ1昇格を決めた。遠藤保仁は、かつてガンバ大阪でJ2降格も経験し、勝てない状態でピッチに立ってプレーする苦しさを味わってきた。普段は何事にも動じない遠藤だが、チームが勝てない、内容が良くない時、どんな気持ちでプレーしていたのだろうか。

「僕は、基本的に1試合1試合で考えているので、良い結果も悪い結果もその時に受け入れてやっています。今、J2で戦っていますけど、ここでは勝って当たり前と言われているので、チームとして良いプレーができなかったり、勝たないといけない試合を落としたりすると、多少、気分が落ちることもあります。そういう時はあまり一喜一憂せず、良い時のイメージだけを持ってプレーすればいいと思っています」

 クラブで連敗や内容が悪いと、選手のメンタルはどうしてもネガティブな方に転びがちだ。そこから這い上がっていくには、かなりのエネルギーを要するが、日本代表ではどうなのだろうか。

「練習試合は、内容重視もあるけど、公式戦の試合への気持ちはクラブと同じ。ただ、受けるプレッシャーがクラブと代表では違う。最終予選は勝って当たり前なので、サポーターの目も厳しいし、普通に勝てよというムードがスタンドから出ているので、プレッシャーは代表の方が圧倒的に大きい。ただ最終予選は厳しいけど、W杯本番は頑張ってくれと、少し優しい感じになりますね」

1 2

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集