[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“フクヒロ”福島由紀、松本麻佑と急造ペアで国際大会へ HCが示唆「強いペアできる」

主力不在で、新たなペアが投入される。バドミントン日本代表が21日、男女混合対抗戦のスディルマン杯が行われるフィンランドへ出発した。チームは、同大会後にデンマークへ移動し、男女別の団体戦トマス杯&ユーバー杯にも参戦。その後、個人戦のデンマークオープン、フランスオープンを含めた6週間の長期遠征となる。

急造ペアで国際大会へ出場する福島由紀(左)と松本麻佑【Getty Images】
急造ペアで国際大会へ出場する福島由紀(左)と松本麻佑【Getty Images】

盟友・廣田彩花は右ひざじん帯断裂で手術、リハビリ中

 主力不在で、新たなペアが投入される。バドミントン日本代表が21日、男女混合対抗戦のスディルマン杯が行われるフィンランドへ出発した。チームは、同大会後にデンマークへ移動し、男女別の団体戦トマス杯&ユーバー杯にも参戦。その後、個人戦のデンマークオープン、フランスオープンを含めた6週間の長期遠征となる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 注目の一つが、ダブルス2試合、シングルス3試合の構成で行われる女子団体のユーバー杯だ。日本は初の連覇を狙うが、2組のエースペアが不在だ。東京五輪には、世界選手権を2連覇している松本麻佑/永原和可那(北都銀行)と、同選手権で2年連続準優勝の福島由紀/廣田彩花(丸杉ブルビック)が出場した。しかし、廣田は東京五輪直前に右ひざのじん帯を断裂し、大会後に手術をしてリハビリ中。また、永原もコンディション不足を理由に遠征のメンバーから外れている。

 2組不在の中、1組は世界ランク10位でパリ五輪の有力候補としても期待がかかる志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)の出場が確実だが、ほかには、既存のペアがいない。パートナー不在となった松本と福島のほかにメンバー入りしているのは、東京五輪で混合ダブルス銅メダルの東野有紗、2016年リオデジャネイロ五輪女子ダブルスで金メダルの松友美佐紀(ともに日本ユニシス)で、ともに現在は男子と組む混合ダブルスを主戦場としている。

 朴柱奉ヘッドコーチは「福島/廣田、松本/永原の次、志田/松山ペアが世界のトップレベルでどこまで勝負できるかのチェックが大事」と、志田/松山がエースペアであることを明確にしながらも「ユーバー杯は(スディルマン杯にはエントリーしていない)福島選手が合流するので、松本選手と組めば、結構強いペアができると思う」と、これまで個人戦ではライバルとして戦ってきた福島/松本の新ペアを投入する考えがあることを示唆した。

 また、ユーバー杯後に臨む個人戦のデンマークオープンには、福島/東野のペアが女子ダブルスにエントリーしているが、これは廣田が復帰するまでに福島が国際大会の感覚を忘れないようにすることを主目的として行う取り組みであることも明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集