[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「この写真覚えてますか?」 松田直樹を唯一怒れる後輩・河合竜二の感謝とあの日の後悔

2004年、チャンピオンシップで浦和を破り、Jリーグ連覇を達成した【写真:Getty Images】
2004年、チャンピオンシップで浦和を破り、Jリーグ連覇を達成した【写真:Getty Images】

存在感がすごくて豪快な人なのに、僕にだけ見せる素顔は実は繊細

 マツさんと初めて会ったのは、2003年に僕がマリノスに入ってすぐの頃です。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 お互いの家が近いことが分かって、「今度メシでも食おうよ」と声を掛けてもらったんです。すでに日本代表でバリバリ活躍していて、めちゃくちゃ怖かったけど、僕から「電話番号を教えてください」と言ったのを覚えています。そうしたらマツさん、ちょっと気まずそうにしていた(苦笑)。自分から誘っておいて、気まずそうな顔するなんて。

 実際にご飯に行ったのはしばらく後だし、仲良くなったのもさらに後の2005年ぐらい。もともと僕が人見知りなので、そういう輪に入れなかったこともありますが、「松田直樹」という存在があまりに大きすぎて、声を掛けてもらえるだけで当時はうれしかったんです。

 2004年の浦和レッズとのチャンピオンシップ第1戦、僕がゴールを決めて勝った試合後、僕は友人と奥さんとご飯に行きました。そうしたらマツさんが友人たちと同じ店に来て、一緒に乾杯したのを覚えています。もちろん、すべてマツさんが支払ってくれました。やっぱりかっこいいです。

 マツさんは豪快に支払ってくれるんですけど、後になって「俺、払い過ぎたわ~」って凹んだりして、それを僕にだけ見せてくるんです。ちょっとうれしかったですね。「こんな人間らしいところもあるんだ」って。

 それだけ存在感があって豪快な人なのに、意外かもしれませんが、周りの評価をすごく気にする人で、実は繊細。もし、今のSNS全盛時代に生きていたら、エゴサーチをしまくっていると思います。そして、一喜一憂しているかも(笑)。そんな素振りを周りには微塵も見せないくせに、2人の時は僕にだけ、そういう姿を見せてくるんです。

 マツさんって僕のこと、どう見ていたんだろう? マツさんと僕は先輩・後輩の関係なんですが、よくケンカしたんです。最終的には、僕が正論を言って、マツさんを論破する。周りからは「マツは竜二には全部見せていたね」と言われたんですけど、今、いないことが本当に信じられません。

 実は隠れて努力もしていました。特にすごかったのは食事面。試合に向けた調整でオンとオフがあるんです。「今は絞る時期だ」「頑張る時期だ」というオンの時はお酒も一切飲まないし、ほんのちょっとの油も許さない。ただし、オフの時は食事のはしごをしちゃう。「今日は食う日だ!」と言って(笑)。僕はそれに付き合わされ、ステーキを食べた後にパスタを食べに行く。ちょっとありえないですよね?

 でも、めちゃくちゃサッカーが好きでしたね。海外も含めて、サッカーの試合をとてつもなく見ていて、食事中の話題はほとんどサッカー。「あいつ、伸びてきたよな」「あのプレーはどうなんだ?」とJリーグや海外を問わず、ずっとサッカーの話をしているから「この人、大丈夫かな?」と心配になったぐらい(苦笑)。あんなにサッカー好きな人、僕は見たことないです。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集