[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「マジでサッカー好きなんすよ!」 松田直樹、マリノス最後の日にカメラマンが撮った涙

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多くのFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

マリノス最終戦、サポーターへの挨拶で涙を浮かべた松田直樹さん【写真:松本正】
マリノス最終戦、サポーターへの挨拶で涙を浮かべた松田直樹さん【写真:松本正】

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多くのFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが命日となる8月4日まで連日、天国の背番号3への想いを明かす。第4回は横浜F・マリノスのオフィシャルカメラマン・松本正さん。マリノス歴27年、70歳を超えても第一線でシャッターを切り続ける男の思い出の1枚とは――。(構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 キャプテンシーの松田さんでした。責任感もあり、チームのために体を張る。プレーも熱い。そういう選手でした。

 入団したのは1995年。彼は顔も良いし、被写体としても素晴らしい。私は喜怒哀楽を撮るのが好きで、彼には感情に起伏があったので、表情がいつも気になる。そういう視点で今回、何枚か思い出の写真を挙げました。

 一番は退団が決まっていた2010年のJ1最終戦・大宮アルディージャ戦後の挨拶です。

「俺、マジでサッカー好きなんすよ。

 マジでもっとサッカーやりたい。

 本当にサッカーって最高なところ見せたいので、これからも続けさせてください」

 彼はゴール裏でマイクを握り、こう言ったんです。私は3メートルくらいの一番近い場所で撮影していました。彼は涙を浮かべていたし、ファインダーを覗く私の目頭も熱くなりました。そういう経験は長いカメラマン生活で、あの時だけでした。

 最後は途中出場。試合後のセレモニーの最中も一列に並んだ後も横を向いて、耐えがたい感じで、凄く寂しそうにしていた情景をよく覚えています。結果的に、彼のマリノスのユニホームを着た最後の姿を収めることになりました。

 その足跡を撮れたことは、一人のカメラマンとして幸せです。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集