[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

環境は変えられない― 離島で生まれ育った岩政大樹がプロサッカー選手になれた理由

岩政氏がサッカーを始めたきっかけとは【写真:(C) Yasuhiro TAKABA】
岩政氏がサッカーを始めたきっかけとは【写真:(C) Yasuhiro TAKABA】

島の子供たちがなかなかサッカーを続けられない理由とは

 岩政氏が子供の時、島に小学校が十数校、中学校は9校あったが、通っていた小学校にサッカーチームはなかった。しかし、母親が勤務していた隣町の小学校は島内では大きく、そこに大島スポーツ少年団があった。小学校のPTAの方が「お子さんがいらっしゃるなら、サッカーチームに入ったら?」と母親に加入を勧めてくれた。その時に初めてサッカーチームがあることを知った。それまでは「サッカーチームに入ってサッカーをするということ自体が、全く頭になかった」という。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「当時はインターネットもなかったし、情報がない時代だったので、ただ好きでサッカーボールを蹴っていた。1年に1度だけ、2月に大島の小学校対抗でサッカー大会があって、それに向けて、各小学校で即席のチームを作って、2か月ぐらい練習していた」

 岩政氏には、3つ上に兄がいる。岩政氏曰く「兄のほうが多才で、僕よりもサッカーがうまくてセンスがあった」。サッカーはボールと体があれば、どこででもできる。休みの日には校庭で、兄と一緒にボールを蹴って遊んだ。負けず嫌いだった岩政少年は、3歳年上の兄に対しても負けたくなかった。「体も大きいし、勝てるわけがないのに、毎日必死に兄に挑むのが僕のサッカーのスタートであり、ボールを蹴り始めるきっかけだった」。サッカーチームがなくとも、周りには自然とサッカーが好きになる環境が、岩政氏にはあった。

 しかし、兄が小学生の時には、隣町にサッカーチームがあるという情報が入ってこなかったため、兄はサッカーを始めることができなかった。「僕自身は、たまたま小学4年生の時に情報が入ったのでサッカーを始めることができました。そうしたら、プロになることができた、という不思議な縁です。でも多分、情報が入ったのが6年生の時だったら、僕はサッカーを始めていなかったと思います」。

 岩政氏がサッカーチームに入ると、同じ小学校の子どもたちもサッカーをやりたがった。しかし隣町まで通うには、バスで15分。練習が終わる頃にはもう帰るバスはなく、家族が車で迎えにきてくれなければ、自宅に帰ることはできない。そのため、通うことができず、サッカーを続けられない子もいた。

「僕の場合は、両親と祖父母が手伝ってくれて、毎日送り迎えをしてくれたことで続けることができました。でも、こんなこと、本土に住んでいたら考えなくて良かったわけですよね。自分が行きたいと思えば、自分で行けるし、練習が終われば、自分で帰ってくることもできる。そんな簡単なことでさえ、僕たちには難しかった。そういう環境だったんです」

 タイミング良く情報を得られたこと、そして送り迎えをしてくれた家族のサポートを受けて、岩政少年は小学4年生のときに晴れて大島スポーツ少年団の門を叩き、サッカーを始めた。

1 2 3 4
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集