[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング界で新たな試み 日本人王者が100日実践した“最先端”コンディション管理

ボクシングの東洋太平洋バンタム級タイトルマッチが14日に後楽園ホールで行われる。元WBC世界同級暫定王者・井上拓真(大橋)の挑戦を受けるのは栗原慶太(一力)。27歳の王者は試合へ向け、およそ100日、3か月半にわたる新たな取り組みを実施していた。ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ・佐々木優一氏と「データによるコンディション管理」で強化に着手。異例の試みで防衛を目指す。

「ONE TAP SPROTS」を活用し、取り組んだ佐々木優一氏(左)と栗原慶太【写真提供:ユーフォリア】
「ONE TAP SPROTS」を活用し、取り組んだ佐々木優一氏(左)と栗原慶太【写真提供:ユーフォリア】

14日に東洋太平洋タイトル戦、栗原慶太が3月半取り組んだ試みとは

 ボクシングの東洋太平洋バンタム級タイトルマッチが14日に後楽園ホールで行われる。元WBC世界同級暫定王者・井上拓真(大橋)の挑戦を受けるのは栗原慶太(一力)。27歳の王者は試合へ向け、およそ100日、3か月半にわたる新たな取り組みを実施していた。ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ・佐々木優一氏と「データによるコンディション管理」で強化に着手。異例の試みで防衛を目指す。

【注目】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾に闘莉王氏「簡単じゃない」

 きっかけは10月のこと。データ管理によるパフォーマンス向上に興味を持っていた栗原は知人を介し、株式会社「ユーフォリア」でスポーツサイエンティストを務める佐々木氏と出会い、今回のプロジェクトをスタート。週1~3回ペースでのウエイトトレーニングと測定、陸上競技場で行うコンディショニングセッション(月2回)、それ以外はWEBソフトウェア「ONE TAP SPORTS」を使ったモニタリングやオンラインでコーチングを受けた。

アスレチックトレーナーは選手の怪我を治すことを目的とするのに対し、S&Cコーチは選手の身体作りが目的となり、専門性の高い知識を持つ佐々木氏から、手ほどきを受けた。

 トレーニングは栗原が抱えている怪我を治しながらフィジカル強化をするというテーマをもって着手。「痛みや怪我を気にすることなく練習、準備に集中したい」という栗原の思いがあった。「BOC-ATC」という資格を持ち、もともとスポーツ医療従事者だった佐々木氏は、スポーツ医療の観点で何が問題なのかを理解した上でフィジカルを鍛え上げるためにどうすべきかを模索した。

「栗原選手のように高いレベルにあるアスリートの場合、身体のどこかしらに慢性的に痛みがあるなどの故障を抱えているケースはよく見られます。10段階中5あった痛みが2~3まで減らせると、それだけでパフォーマンスは上がります。従って、怪我をしない身体作りというものは非常に大事なのです」と佐々木氏。強化のポイントは4点に絞った。

「必要な力を必要な分だけ必要な時に出せるようにする」「体を動かしながら安定させる、つまり可動性と安定性のコントロール」「下半身の筋力とバネの強化」「ストップ&ゴー(減速・加速)がいつでもできるようにする」というもの。3か月半という短い準備期間を有意義に過ごすため、これらを一度にできるエクササイズの選定と進度調整のピリオダイゼーションを作り、トレーニング負荷を見ながら修正、調整を行ったという。こうして新型コロナ禍という難しい状況で強化を図ってきた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集