[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

50m走で1.2秒短縮も 元五輪ランナーが小学生と挑戦する「480キロの遠隔指導」

陸上のアテネオリンピック1600メートルリレー代表で4位入賞した伊藤友広氏が25日に岩手・宮古市内の高浜小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。4月から始まった1年間のかけっこ指導の中間発表を実施。50メートルの測定で1.2秒も縮めた子供が現れるなど、早くも驚きの成長を見せている。


伊藤友広氏が高浜小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演【写真:村上正広】

アテネ五輪1600mリレー4位の伊藤友広氏が岩手・宮古で「夢応援」

 陸上のアテネオリンピック1600メートルリレー代表で4位入賞した伊藤友広氏が25日に岩手・宮古市内の高浜小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。4月から始まった1年間のかけっこ指導の中間発表を実施。50メートルの測定で1.2秒も縮めた子供が現れるなど、早くも驚きの成長を見せている。

 三陸の海を臨み、浜風が吹く校庭を、颯爽と駆け抜けた。「8秒1」「8秒7」と次々とタイムがコールされる。「やったー!」と子供たちから歓喜の声が続々。充実した表情が、成長を物語っていた。そんな様子を、優しいまなざしで見守った伊藤氏。「これだけ伸びてくれるのはうれしいですね」と、自然と笑みが広がった。

 半年ぶりの再会だった。「東日本大震災復興支援財団」が協力し、アスリートなどがスポーツ指導する「東北『夢』応援プログラム」に秋田出身の伊藤氏も賛同。水泳、バスケットボール、ラグビーなど多岐にわたる競技から陸上指導で、指導役の「夢応援マイスター」を務め、4月に第1回の「夢宣言イベント」に出演。走り方の指導を行い、50メートルのタイムも測定した。

 遠隔指導を受けてきた子供で、今回参加したのは6人。実際に会うのは半年ぶりといえど、ずっとつながってきた。主にスマートフォンの遠隔指導ツール「スマートコーチ」を駆使し、指導を継続。実際に練習する動画を撮って送り、伊藤氏が映像を見てアドバイスを送る。東京と宮古の距離は480キロ。しかし、時間と距離を超えた指導で、なつかしさを感じることはなかった。

1 2 3

伊藤 友広

国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)。

高校時代に国体少年男子A400mにて優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され、400m5位、4×400mリレーではアンカーを務め優勝。国体成年男子400mで優勝。アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。元200メートル障害アジア最高記録保持者の秋本真吾氏とともにスプリント指導のプロ組織「0.01」を主宰し、全国の子供たちを対象としたかけっこ教室などを手掛けている。
http://001sprint.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集