[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

50m走で1.2秒短縮も 元五輪ランナーが小学生と挑戦する「480キロの遠隔指導」


伊藤氏の練習で子供たちのタイムが次々と短縮する驚きの結果に【写真:村上正広】

半年あまりで1.2秒短縮も…驚きの成果に子供たちも自信

 50メートルを駆け抜けた子供たちは次々にタイムを短縮した。5年生の古屋生吹君は9.3秒から8.1秒に。実に1.2秒も速くなった。女子も岩城優月さんが0.6秒を縮め、8.3秒を計測。足の怪我があった1人を除き、ベストな状態で走った5人全員が0.5秒以上タイムを短縮させたのだ。

 これには先生、保護者も大喜び。何よりも計画的に一生懸命に努力すれば、成長できると実感した子供本人が自信を掴んだ様子だった。しかし、今回は中間発表。本当のゴールは来年3月に行われる1年間の成果発表だ。

「今日はみんなと並んで走ったけど、一人で走っている時にまだまだ全力を出し切れていない。どう力を入れて走っているかをわかるためにも、普段から友達と競い合って走ることが大事になる。そして、サイドステップの感覚も忘れないでほしい。

 それができるようになると陸上だけでなく、どんなスポーツでも生きるから。今日は上手にできていたので、次に会う時はもっと上手になっていることを楽しみにしています」

 伊藤氏は最後に子供たちに語り、4か月後にさらに成長していることを期待。今後も遠隔指導を使った挑戦は続く。480キロの距離を超えて、二人三脚で駆け抜けていく。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer


DAZN

1 2 3

伊藤 友広

元陸上五輪代表

国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)。

1982年8月16日生まれ。秋田県出身。国際陸上競技連盟公認指導者(キッズ・ユース対象)。大曲高(秋田)で国体少年男子A400メートル優勝。アジアジュニア選手権400メートル5位、同1600メートルリレーはアンカーで優勝。国体成年男子400メートル優勝。卒業後は法大に進学。04年アテネ五輪男子1600メートルリレーの第3走者として日本歴代最高の4位入賞に貢献。現在は秋本真吾氏らとスプリント指導のプロ組織「0.01 SPRINT PROJECT」を立ち上げ、ジュニア世代からトップアスリートまで指導を行っている。
http://001sprint.com/

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集