[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「続けるも辞めるも怖かった」引退までの葛藤 フィギュアスケート・鈴木明子の今

フィギュアスケートで五輪2大会出場した鈴木明子さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じた。現役時代は摂食障害を経験しながら、24歳の10年バンクーバー大会で五輪初出場するなど、一つずつ壁を乗り越え、抜群のスケーティング技術を武器に活躍。浅田真央、安藤美姫らとフィギュアスケートブームを牽引した。14年ソチ五輪を経て、29歳で引退した後の人生は、どう歩んでいるのか。インタビュー前編は「鈴木明子の今」に迫る。

鈴木明子さんが引退後に置いている「2つの軸」とは【写真:Getty Images】
鈴木明子さんが引退後に置いている「2つの軸」とは【写真:Getty Images】

鈴木明子インタビュー前編、35歳になった今置いている「2つの軸」とは

 フィギュアスケートで五輪2大会出場した鈴木明子さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じた。現役時代は摂食障害を経験しながら、24歳の10年バンクーバー大会で五輪初出場するなど、一つずつ壁を乗り越え、抜群のスケーティング技術を武器に活躍。浅田真央、安藤美姫らとフィギュアスケートブームを牽引した。14年ソチ五輪を経て、29歳で引退した後の人生は、どう歩んでいるのか。インタビュー前編は「鈴木明子の今」に迫る。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ◇ ◇ ◇

 人生という銀盤に“遅咲きの花”を開かせた名スケーターは今、35歳になった。

 競技を引退した鈴木さんは、現役時代の経験を生かした解説、評論はもちろんのこと、振付師、スケート教室の指導。さらに日本オリンピック委員会のアスリート委員を務めるなど、多岐に渡る活動を精力的にこなしてきた。

 そんな中で「2つの軸」を持って、第二の人生を歩んでいるという。

「今、プロフィギュアスケーターという肩書きが軸になっていることは間違いありません。引退したのが29歳の時。他のスケーターに比べると、現役生活が長かった分、プロでいられる時間は長くないと思い、始めました。これは女性の体の問題もあるし、人生もどうなっていくか分からないもの。できる限り長くやっていきたいと思いながら、引退後に始めた講演活動もすごくやりがいがあって。欲張りなのですが、並行して続けています」

 充実感いっぱいに「今」の想いを明かした。では、なぜ「プロスケーター」と「講演活動」という道を歩むことになったのか。その足跡を辿ると鈴木さんらしい、まっすぐな理由が見えてくる。

 生まれ故郷の名古屋でスケートを始めたのは6歳のこと。15歳だった高1で出場した2000年の全日本選手権で4位に入り、一躍、脚光を浴びた。しかし、大学入学後は摂食障害を患い、03-04年シーズンは全休。苦しい時代を乗り越え、24歳だった全日本選手権で初の表彰台となる2位に入り、10年バンクーバー五輪に出場。そして、4年後の14年ソチ五輪で2大会連続8位に入り、同年の世界選手権を最後に29歳で引退した。

「プロスケーターになろう」。そう決意するのは「引退」を巡る決断が関係していた。

 もともとは初めて出場したバンクーバー五輪が「最初で最後」と思っていた。当時24歳。「フィギュアスケートはすごく低年齢化が進んで、私自身もどこまでやれるか分からかったので」。しかし、浅田真央、安藤美姫らと出場し、8位に入賞した大会で価値観が変わった。「五輪に一度出てみたら、やっぱりもうちょっと日本代表として、この仲間たちと頑張っていきたいという欲が出てきたんです」

 ただ「もうちょっと頑張る」と決めても「いつまで頑張る」というゴールは見えなかった。正確に言えば、見ようとしなかった。理由は「怖かったから」と率直に言う。幼少期はもちろん、青春時代も捧げたフィギュアスケート人生だった。20代も練習に明け暮れ、国際大会で世界を飛び回る生活。裏を返せば、「フィギュアスケート」以外、何も知らないことに気づいた。

「そうすると、辞めた後が怖くなってしまったんです。多くのアスリートはセカンドキャリアが見えてこないと、怖いと思います。私もその一人でした。引退したら、どうやって生きていくのか。それまでアルバイトすらしたこともない。どうやって社会に出ていけばいいのか、ビジョンも見えなくて……」。当時を「続けるのも怖い、辞めるのも怖い状況だった」と表現。だから「引退というゴールが決められなかった」という。

 バンクーバー五輪以降、次のソチ五輪を目指すとは公言しないまま、競技を続けていた。自身が「ターニングポイントになった」と挙げたのは、12年にニースで行われた世界選手権だった。ショートプログラム(SP)5位で迎えたフリーは、ジャンプにミスがありながらも総合3位に入り、初めてメダルを獲得した。「もう、これで辞めてもいい」と充足感が身を包んだ一方で、心の底から喜べない自分がいた。

「完璧な演技じゃなかったんです。たった一つ、ジャンプでしてしまったミスがすごく悔しくて……。ここで辞めてしまってもいいかもしれないけど、もしかしたら、そのミスがこれからもずっと夢の中で出てくるかもしれない。あのミスがなく跳べていたら、同じ銅メダルでも潔く辞めていたと思います。だけど、銅メダルなのに最初、手放しで喜べなかった。そういう悔いを残して辞められないなと。それで、私の人生が変わりました」

 そのミスは「運命だったのかな」と今となっては言う。「次の五輪も目指す」と公言できたのは、翌年の13年。ソチ五輪の1年前のことだった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集