[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー大学選手権は通常通り開催できるのか ベテラン記者が提案する“対応策”

コロナ禍の中で暦は9月を迎え、ラグビーファンは秋の国内公式戦開幕に関心が高まっているはずだ。1995年から記者として取材を始めたが、初めて体験するこのような状況下でのラグビーシーズン。他競技はすでに制約のもとで公式戦が開催されている中で、ラグビーでは10月の開幕を目指す大学各リーグが、コロナ禍の中での初の本格的なラグビー公式戦として注目される。

今年1月の大学選手権決勝では早大が明大を下し、11季ぶりの優勝を飾った【写真:出村謙知】
今年1月の大学選手権決勝では早大が明大を下し、11季ぶりの優勝を飾った【写真:出村謙知】

10月開幕を目指す各大学リーグ、コロナ禍でどう運営すべきか

 コロナ禍の中で暦は9月を迎え、ラグビーファンは秋の国内公式戦開幕に関心が高まっているはずだ。1995年から記者として取材を始めたが、初めて体験するこのような状況下でのラグビーシーズン。他競技はすでに制約のもとで公式戦が開催されている中で、ラグビーでは10月の開幕を目指す大学各リーグが、コロナ禍の中での初の本格的なラグビー公式戦として注目される。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 リーグ戦開催の可否や運営方法が、来年1月の開幕を検討しているトップリーグ(TL)の開催にも大きく影響することになるはずだ。今月3日には関西大学リーグが大会概要を固め、関東でも11日に公式戦日程などの発表が予定されているが、方針通りに開幕できるかはいまだに流動的だ。感染対策を施しながらの異例のシーズン開幕へ向けて、その可能性と課題を考察する。

 ◇ ◇ ◇

 ラグビーでは8月までに開催予定だった大会が軒並み中止となる中で、大学公式戦の開幕が近づいてきた。

 大学ラグビーは、関東大学対抗戦、同リーグ戦両グループ、そして関西大学リーグの3リーグが主要リーグと位置付けられている。関東の2グループは関東ラグビー協会、関西リーグは関西ラグビー協会と、地域協会が主管団体として運営に携わり、各リーグ上位チームが日本協会主催の全国大学選手権に出場する。

 関西リーグでは、3日に行われたリーグ委員会で、非公開ながら新型コロナ感染の影響で一部の公式戦開催が不可能なためのリーグ戦不成立と入れ替え戦の中止、順位決定のための代替トーナメントの開催などの方針が確認されたという。関東協会は11日に大会日程・概要を発表する予定だが、すでに8月24日の関東協会理事会後にも一部方針が示されており、独自に入手した情報も含めて現時点での運営方式は下記のような概要になる。

・開幕は10月第1週
・12月第1週までに公式戦を終える
・コロナ感染で公式戦中止の場合は11月に順位決定トーナメントを実施

 例年なら9月第1週前後に開幕する公式戦を1か月後ろ倒しして、閉幕は通常通りというのが大筋だ。大学リーグの場合は各チームが12週間前後で7試合を行う、比較的余裕のある日程を組んでいる。そのため開幕が1か月遅れても試合の消化は難しくない。10月第1週という開幕の時期については、ある指導者から、「多くのチームが7、8月から練習を再開している状況だ。毎年4月に練習をスタートして、春季大会と練習試合、夏合宿と準備して公式戦に備える流れを考えれば、コンディション、戦術と準備不足のままの開幕にならないか。怪我人が心配だ」という不安の声も聞いたが、理事会では異論はなかったという。

 近づく各リーグの開幕に関心が向けられる一方で、忘れてはいけないのはリーグ戦後に開幕する全国大学選手権だ。その出場要件は、昨季に順じると関東、関西の主要3リーグの上位3位ないし4位までと、それ以外の地域リーグ1位による代表決定戦勝者になる。つまり、主要3リーグの順位が重要な意味を持つ。

 そのため、関西リーグが「公式戦中止の場合はトーナメント大会を実施して順位を決める」という方針を固めるなど、公式戦が新型コロナ感染などにより中止された場合でも、各主管協会は順位を決めるための試合開催を準備、模索している。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集