[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の連覇なるか 小塚崇彦が語る、五輪の「無意識の意識」という名の敵

本格的にシーズンが開幕したフィギュアスケート界。今季の最大の注目は、2月に控える平昌五輪だ。バンクーバー五輪代表の小塚崇彦氏がビギナーでも楽しめるように、現役スケーターの話題からフィギュア界の裏側まで、さまざま語る非定期連載。今回のテーマは「男子メダル争いの行方と、五輪を戦う本当の難しさ」――。

【非定期連載】小塚氏が語る今季注目の新星、空港から始まる五輪独特の“空気”とは?

 本格的にシーズンが開幕したフィギュアスケート界。今季の最大の注目は、2月に控える平昌五輪だ。バンクーバー五輪代表の小塚崇彦氏がビギナーでも楽しめるように、現役スケーターの話題からフィギュア界の裏側まで、さまざま語る非定期連載。今回のテーマは「男子メダル争いの行方と、五輪を戦う本当の難しさ」――。

 熱戦の火蓋が切って落とされたフィギュア界。今シーズン、トップ選手たちが目指すのが、2月の平昌五輪だ。大本命となるのが、羽生結弦だろう。ソチ五輪で金メダルを獲得。前回王者として、1948年サンモリッツ、52年オスロ大会を制したディック・バトン(米国)以来、半世紀をゆうに超える大会連覇という偉業に挑む。

「ここ数シーズンは羽生選手の『基礎力』は抜きん出ていたと言ってもいいと思います。昨シーズン、世界選手権こそ3年ぶりの優勝でしたが、近年、全員がノーミスで演技をしたら誰が勝つかといったら、羽生選手と言い切れていた。もちろん、平昌五輪でも金メダルを獲る可能性は高いとみています」

 小塚氏も、こう期待を込める。今季初戦のオータムクラシックこそ、右膝の違和感の影響もあって2位に終わったが、ショートプログラム(SP)は自身が持つ世界歴代最高得点を更新。王者の底知れぬ強さを感じさせた。

 しかし、ビギナーファンにとって、羽生の実力は十分わかるが、果たして、金メダルを目指す他の選手は、どんな面々なのかというのが気になるところ。小塚氏に注目選手を聞くと「5人います」という。

「ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)、宇野昌磨選手(日本)、ネイサン・チェン選手(米国)、パトリック・チャン選手(カナダ)、ボーヤン・ジン選手(中国)。彼らに加え、羽生選手の6人が上位にいる。力は拮抗しています」

1 2 3 4

小塚 崇彦

 1989年2月27日、愛知県生まれ。28歳。中京大中京―中京大―中京大大学院―トヨタ自動車で活躍。06年の世界ジュニア選手権、10年の全日本選手権優勝。同年のバンクーバー五輪8位入賞。15年12月の全日本選手権を最後に引退。

 引退後はトヨタ自動車の強化運動部に所属し、スポーツの普及・発展に尽力するほか、アイスショーにも出演。現役時代と変わらない美しいスケーティングで人気を博している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集