[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「上手いだけの選手」では世界で輝けない 日本の子供に学んでほしい「多様性」を尊重する感覚

サッカー日本代表は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)で2大会連続ベスト16に進出し、メンバーの大半が今や欧州でプレーする時代となっている。一方で日本人指導者が海外で結果を残すのは容易なことではないが、そうした中で大きな足跡を残しているのが、セルビア代表コーチとしてカタールW杯の舞台に立った喜熨斗勝史(きのし・かつひと)氏だ。2008年から名古屋グランパスでドラガン・ストイコビッチ監督の信頼を勝ち取ると、15年から中国の広州富力に、21年からセルビア代表にコーチとして呼ばれ、指揮官の右腕となっている。

セルビア代表として初のEURO出場が決定。コーチとして喜びを共有した喜熨斗勝史氏は、改めて現地の歴史や多様性を尊重する大切さを感じている【写真提供:FSSセルビアサッカー協会】
セルビア代表として初のEURO出場が決定。コーチとして喜びを共有した喜熨斗勝史氏は、改めて現地の歴史や多様性を尊重する大切さを感じている【写真提供:FSSセルビアサッカー協会】

連載・喜熨斗勝史「欧州視点の育成論」第4回、欧州で感じる歴史の大切さ

 サッカー日本代表は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)で2大会連続ベスト16に進出し、メンバーの大半が今や欧州でプレーする時代となっている。一方で日本人指導者が海外で結果を残すのは容易なことではないが、そうした中で大きな足跡を残しているのが、セルビア代表コーチとしてカタールW杯の舞台に立った喜熨斗勝史(きのし・かつひと)氏だ。2008年から名古屋グランパスでドラガン・ストイコビッチ監督の信頼を勝ち取ると、15年から中国の広州富力に、21年からセルビア代表にコーチとして呼ばれ、指揮官の右腕となっている。

 異色のキャリアを歩んできた日本人コーチが、欧州トップレベルの選手を指導する日々で得た学びや「育成」をテーマに語る連載。第4回はEURO予選の戦いを通じて感じた「歴史」の大切さを起点に、様々な民族や宗教が混在する欧州で多様性を尊重する大切さについて持論を展開した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・谷沢 直也)

 ◇ ◇ ◇

 セルビア代表が歴史の扉を開いた。昨年の11月19日に行われたEURO(欧州選手権)予選最終節でブルガリアに2-2と引き分け、グループGの2位で今年6月に開幕する本大会への出場を決めた。

 6大会ぶり6回目――だが1984年大会までは「旧ユーゴスラビア代表」として、最後の出場となった2000年大会はセルビアとモンテネグロで構成された「ユーゴスラビア代表」としての出場だった。つまり24年ぶりのEURO参戦とはいえ、「セルビア」単体では初。こうした背景を知っているからこそ、ピクシー(ドラガン・ストイコビッチ監督)も事あるごとに「我々が歴史を作るんだ」という言葉を発し、チームの結束力を高めていった。

 2021年3月からヨーロッパで生活し、チームを指導する中で、僕は「歴史」の大切さを痛感している。それは単に結果を残したり、新たな記録を作るということだけではない。サッカーという存在が、その国の中でどれくらい大きな影響力を持ち、社会に貢献できるのかということだ。

 島国の日本に比べて、ヨーロッパは戦争や侵略の歴史が色濃く、さまざまな人種、民族、宗教が重なり合いながら人々は生活している。こうした感覚は、日本ではあまり実感できないものだろう。

 サッカー指導者にとっても、その国の歴史に目を向ける視点は必要だ。特に次世代の選手を育てる育成年代の指導者には、なおさら不可欠な素養だと個人的には感じている。

 もちろん、良い選手を作り上げる上では技術や戦術、体力面の向上といったプレーに直結する指導が最も重要ではあるものの、単に“上手いだけの選手”では、多様性が求められる時代にフットボーラーとしての幅を広げることはできない。海外に出てプレーする時はもちろん、国内でキャリアを積み上げていく上でも、歴史を正しく理解し、他者のバックグラウンドをリスペクトすることは絶対に必要になってくる。

1 2

喜熨斗 勝史

サッカーセルビア代表コーチ 
1964年10月6日生まれ。東京都出身。日本体育大学を卒業後、高校で教員を務めながら東京大学大学院総合文化研究科に入学。在学中からベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)ユースでフィジカルコーチを務めると、97年に教員を退職しトップチームのコーチとなる。その後セレッソ大阪、浦和レッズ、大宮アルディージャ、横浜FCを渡り歩き、04年からは三浦知良のパーソナルコーチを務める。08年に名古屋グランパスに加入してドラガン・ストイコビッチ監督の信頼を得ると、15年からは中国の広州富力、21年からはセルビア代表のコーチに招かれる。日本人としては初めて、欧州の代表チームのスタッフとして22年カタールW杯の舞台に立った。
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集